アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・アグラ~ファテープル・スィークリーを訪ねて


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

たった14年で放棄されてしまった都がアグラ近郊にある。

かりそめの都・・・

世継ぎが無い事を悩んでいたムガル帝国代三代皇帝のアクバルは
スィークリーに住む聖者にすぐに男子を授かると予言し、的中させた。
そのことで聖者にあやかり1571年にスィークリーへの遷都を決定。
この新たな都はファテープル・スィークリー「勝利の都」と名付けられた・・・

そのファテープル・スィークリーを訪ねた。

一般市民が皇帝に謁見したと言う中庭を通って内部へ・・・

IMG_0355.jpg

貴賓謁見の間。ディーワーネ・カースがまずは目に飛び込んで来る。

中に入ると・・・

IMG_0306.jpg

吹き抜けになっており、細かな装飾が施された巨大な一本柱が
目につく。

さらに柱の先端には・・・

IMG_0304.jpg

房状の巨大な装飾があって、2階の回廊から四方に延びる橋と
連結しており、この柱の上に渡る事ができるようだ・・・

ほとんど使われなかった謁見の間ではあるが、やはり木造に
比べると保存状態は桁違いに良いなあ~

IMG_0345.jpg

このファテープル・スィークリーの建築群の中でひときわ目立つのが
この建物。パンチ・マハルと呼ばれる五層の建物だ。

IMG_0315.jpg

無数の柱に支えられた階段状の五層造りの建物なのだが
目的が凄い!

なんと建物の前の中庭に大きく方眼が刻まれているのだが
ハーレムの女性達をチェスの駒に見立てて皇帝が遊んで
いたのだ!それだけの目的の為に建てた建物!

上から眺めながら遊んでいたのだ・・・
中世の権力者ってやる事が凄いよね~~

IMG_0314.jpg

最下層に入り込んでみると列柱一本一本に装飾が・・・

IMG_0335.jpg

この池もきっとお気に入りのハーレム女性達を泳がせて
眺めては楽しんでいたのだろうなあ~~

IMG_0324.jpg

これはジョド・バーイー殿と呼ばれる建物でアクバルと
その妃の住まいだったらしい。

IMG_0317.jpg

ミリアムの館。アクバルの妃だったジャハーンギールの母の館。
なんと!かつては黄金で装飾されていたという・・・

しかし、これほどまでに贅を尽くした都も、水不足が原因でたったの
14年で放棄されたのだ・・・

皇帝にしたら一つの離宮を手放したに過ぎないのもしれないが
アグラにあるタージ・マハルといい、アーグラー城といい、考える事が
極端すぎて理解不能・・・凄すぎる・・・

IMG_0365_20150706003723936.jpg

遺跡の外はインドの混沌が広がっている・・・
観光客に馴れているハズなのにジロジロと見られる・・・
人をそんな風に見てはいけません!っという教育はないようだ。

IMG_0364.jpg

揚げた?焼いた?クッキーのようなパンのような物を
売っていたが油が回りまくってヤバそう・・・

ガイドさんが食べますか?と聞いてきたが丁重にお断りする・・・
絶対にヤバそうやもん!!

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| アグラ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・アグラ~世界遺産タージマハルを訪ねて②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

タージマハルに入場するには写真のような不燃布のようなカバーを
靴ごと履かなくてはならない。

インドの象徴的な建築物と言っていいタージマハル
床を傷つけないようにという事だろうが、これぐらいの不便は快く受けないとね!

IMG_0204_20150212000023bf6.jpg

タージマハルを紹介する写真に良く使われる構図・・・
僕も同じように撮ってみた

う~~ん、きれいに撮れた!

IMG_0180_20150211235837d3b.jpg

タージマハルに近づいてみると・・・
遠くからは判らなかったが、非常に細かな装飾が施されているなあ~~

IMG_0187.jpg

ズーム!!

白い大理石の文様もいい味出してるなあ~~
これほどの量の白い大理石を集めるのも大変だったろうなあ~

そりゃ、当時の財政が逼迫しただけの事はあるなあ~

IMG_0170.jpg

さらにズーム!!!

う~む、色とりどりの貴石を削ってはめ込んでいるのだな~
非常に細かな仕事だ~

IMG_0169_20150211235618d7a.jpg

この文字のような模様も石に書いているんじゃなくて黒い石を
はめ込んでいるのか!?

世界中から職人が集められ22年という歳月を要して建設されたタージマハル・・・
皇帝シャー・ジャハーンが愛した妃ムムターズ・マハルの墓として建設された・・・
この細部に渡るこだわり、妃に対する愛情!国が傾くほどに贅を尽くした墓に
眠る妃の思いはどうなんだろうか?

IMG_0173.jpg

中に入るとヒンヤリとして涼しい・・・

結局、対岸に「黒いタージ」を建てて自分の墓にしようとした
シャー・ジャハーンであったが、夢かなわず妃に寄り添うように
棺が安置されている・・・

IMG_0176_2015021123561289a.jpg

その「黒いタージ」が建つはずだったヤムナー河の対岸には何にもない
敷地だけが寂しくあるだけだ・・・

IMG_0194_20150211235835718.jpg

しかし観光客の多い事!
外国人ももちろん多いが、インド人もめちゃくちゃ多い!

IMG_0195.jpg

タージマハルに来て、色とりどりのサリーを見ていると
インドに来ているのだ!という実感が湧いてくるなあ~

IMG_0198_20150211235842087.jpg

すげ~~背中!お尻のお肉!
でも不思議とサリーってこういう体型に合うんだよなあ~~

IMG_0199.jpg

タージマハルから入口を望む・・・
ぞくぞくと観光客が訪れる・・・

IMG_0210.jpg

タージマハル・・・

想像以上に美しく、どの角度から見ても均整のとれたその姿は
イスラム建築の最高傑作!

帰り道、何度も振り返りながら歩いたっけ・・・

関連記事

| アグラ | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・アグラ~世界遺産タージマハルを訪ねて①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

インドアグラに来たらとりあえず行かなければならないタージマハル

早朝、タージマハルに向かう専用バスに乗り込み敷地内に入っていく。
厳重なゲートが道を封鎖しているのにビックリ
世界的な観光地なのでテロ等を警戒しての事だろう・・・

IMG_0131_20150208173510d28.jpg

入り口でも厳重なセキュリティチェックを受ける。
空港にあるような金属探知機のようなゲートを通され、手荷物も入念に
チェックされる。

IMG_0133.jpg

セキュリティチェックを終えると広々とした敷地に美しい門が見える。
あの門をくぐればタージマハルが目に飛び込んでくるのだろう・・・

雲一つない良い天気に恵まれ、美しいタージマハルの姿が見られると
思うとワクワクしてくるものだ

IMG_0137.jpg

門の前まで来るととにかく物凄い観光客の数に圧倒される!
インド国内からも大勢来ているようだ。外国人よりも多いかも知れないな~~

IMG_0138.jpg

門からチラリとタージマハルの姿が見られるぞ
ワクワクする瞬間だ!

IMG_0141.jpg

キターーーー!タージマハル

美しいっ!何度となく写真や映像で見てきたが、さすがに肉眼で見る
この奥行き感はリアルである。

真っ青な空に真っ白のタージマハル・・・

巨大な美術工芸品のようだ!感動してしばしボーっとする・・・

噴水に写る姿までも計算されて造られたシンメトリーの美!

IMG_0151.jpg

こういうシンメトリーを取り入れた建造物というのは世界共通で
見る人に感動を与えるんだと思う。

特に細部にこだわる日本人には特に訴えかける感動があるような気がする・・・

そういや、あのアンコールワットもシンメトリーだよなあ~



そんなタージマハルの様子を撮影しました!

美しく整備された敷地内にはプルメリアがあちこちに咲いていたなあ~

IMG_0157.jpg

しかし観光客が多い!!
写真にこだわる観光客はもっと早朝に出かけ、人がいないタージマハルを
撮影しようと努力するらしい・・・

全然関係ないけど、今度そんな写真撮影を目的に、一眼レフを買い揃えて
アンコール遺跡を再訪したいなあ~と思っているのだ!
おこづかいを貯めないとね~~・・・

IMG_0153.jpg

庭師?が植木一つ一つを非常に丁寧にメンテナンスしていたなあ~

ある意味、ここってインドの象徴の一つでもあるし外国人が必ず訪れる
場所でもあるので美観には相当気を遣っているんだと思う。

IMG_0164.jpg

では、タージマハルの中に入ってみよう!

タージマハルは一段高い所に建っているのだが、そこに上がるには
写真のような不燃布のような物を渡されて・・・

IMG_0165.jpg

この布を靴ごと履かなくてはならないのだ!
タージマハルを傷めない為のようだ。徹底しているなあ~


関連記事

| アグラ | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。