アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデッド島&コーン島⑤


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

リーピーの滝を目指し、相変わらず熱帯特有のギラギラと輝く太陽の
熱くて刺すような光のシャワーを浴びながらてくてくと歩く

なんでレンタサイクルを借りなかったんだろう・・・とかなり後悔しながらの
散策である

で、やっとデッド島コーン島を結ぶ橋まで辿りついたのである・・・

IMG_3122.jpg

デッド島コーン島メコン川の中央付近に存在するため、川はいくつもの
流れに分断され、この橋の下を流れる川もそんな分断されたメコン川の流れの
ほんの一本に過ぎない・・・

だが、その水量、流れの早さは豪快で見ていると怖くなるぐらいだ・・・

昔、この橋の上を鉄道が走っていたそうだが、物資を運ぶために敷設事業に
燃えたフランス人の根性もなかなかのものだなあ~

IMG_3125_201408030421590d0.jpg

おおおおおっ!レストランがあるではないかっ!

もう、ダメだ~~~っ!休憩する~~~

きれいなレストランではないが、そんな事はど~でもいい!
とにかく身体を休めないと熱中症の危険がっ!!

嬉しい事にハンモックがあるではないか!少し横になろう!
うん、絶対にその方がいい!柱に付いた扇風機をこちらに
向けて身体を冷やす・・・あ~~っ、助かった・・・

冷たい良く冷えたスプライトが身体中に心地良く染み渡る・・・
ハンモックに横になり体重を預けると、メコン川の流れの音に
包まれながら、すぐに寝てしまった

IMG_3128.jpg

1時間ぐらい眠っただろうか?
身体中にパワーが蘇り、中断した散策を早くも再開したいっ!という気持ちに
なっている

レストランを出て再び滝を目指して歩いて行くと、何気なく見た道の端の
柵が何と、線路ではないか!

ここに鉄道が走っていた証拠である。

IMG_3129.jpg

しばらく歩くと、当時走っていた蒸気機関車が放置されるでなく
きちんと屋根のある建物に保存されていた・・・

錆びたその小型の蒸気機関車は再び走ることはないけれど
しっかりとした存在感が感じられるなあ~

IMG_3130.jpg

こんな辺鄙な何もない島々ではあるが、実は僕以外にも観光客は
結構ウロウロしており(皆レンタサイクルで)、夢中でこの錆びた
蒸気機関車にカメラを向けていたなあ~

IMG_3137.jpg

菅笠をかぶった女性が田植えをしている・・・
メコン川周辺ならではの風景だなあ~~

IMG_3134.jpg

そんな田んぼの風景を見ていると、畦道を歩きたくなるのが
周りが田んぼの田舎で育った僕の習性なのか?

気が付けば畦道をどんどん歩いていく・・・

田んぼの土の匂い、草の香り、心地良い風・・・
少年時代に感じた懐かしい一つ一つ・・・
今まで忘れていたあの頃の記憶がどんどん溢れてくる・・・

IMG_3138.jpg

そんな甘~~い昔の記憶を味わいながら歩いていると
ソムパミットの滝リーピーの滝)まで400mの標識が!

前半は太陽に虐められてクタクタだったけど、後半は懐かしい記憶の
お陰で短く感じたなあ~~

IMG_3142.jpg

滝の入口には黄色の制服?を着たたくさんの若い女の子が
ウロウロしており、チケットブースもある。

何にもない所をひたすら歩いてきた事もあって、なんだかここが
別世界のように感じるなあ~

中に入っていこう!

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| シーパンドーン | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデッド島&コーン島④


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

翌朝、何てこと無いアメリカンブレックファーストをさっさと平らげて
本格的にデッド島の散策に出かける!

どこの街に行っても歩きが基本の僕はレンタサイクル屋を横目に
軽快に歩いていく。もちろんミネラルウォータは必携!500ml2本!

途中写真のような安そうなバンガローにハンモックを引っ掛けて
ゆらゆら中の旅行者・・・あ~~っ、フリーダム!時間をどう使おうが
ここでは自由なのだ!時計さえも必要無いほどに自由!

僕を知る人間はいない!心理的にも物理的にも僕を縛るモノが
ここでは全くないのだ!

IMG_3095.jpg

え~とこれは赤色系だからレギュラーガソリンかな?
国によって違うからなあ~~色づけは・・・
むき出しのガラス容器にこうやって入れているのは
アジアの田舎ではどこでも一緒だなあ~

しかしこの炎天下にさらされて大丈夫なんかなあ~??

IMG_3097.jpg

ちょっとした雑貨屋さん。観光客にも地元の人にも貴重なお店。

そんな街中をしばらく歩くとだんだんと家々が少なくなっていき・・・

IMG_3096.jpg

次第に辺りは何も無くなって雄大なメコン川の景色が広がるのだ・・・
天気が良いなあ~~!気持ち良いなあ~~!帰りたくないなあ~!

IMG_3098.jpg

デッド島からコーン島を目指し、ソムパミットの滝を訪れ、そこでランチを
食べる事にしよう。

往復15kmぐらいか?歩いていけるか?もう街中からけっこう歩いたぞ!
レンタサイクル屋は遠く後ろだぞ!大丈夫か?俺!

いろいろ葛藤しながらも、このギラギラの太陽を遮るモノが一切無い
真っ直ぐな道を歩き出した・・・

IMG_3099.jpg

とにかく道の両サイドはひたすら田んぼ。
耕地整理なんてされていない、いびつな形の田んぼの連続だ・・・

IMG_3103_20140622233136624.jpg

うわ~~、あんな小さな子供が田んぼの手伝いしているよ!
学校とか行ってないのかな~?ってこの島に学校なんてあるのかな?
(後で小学校を発見する)

IMG_3100.jpg

田んぼの真ん中に白い仏塔を発見
同じ田んぼの景色を持つ日本にはない異国情緒のある風景だ。

IMG_3111.jpg

この炎天下の中での作業って体力の消耗も激しいし重労働に違いない。

実はここまで5kmぐらい歩いているが、レンタサイクルで来なかった事を
非常に後悔し始めていた・・・

街中を歩くなら疲れたら適当にカフェに入ったりして休息できるが
本当に何もなくひたすら舗装されていない砂利道が続くのだ・・・
しかもずっとギラギラとした強烈な太陽が僕の頭を照りつける・・・

IMG_3109.jpg

耕運機など気の利いた道具が無いここでは水牛がまさに耕運機!
草を食みながら出番を待つ?

ラオスカンボジアミャンマーの田園地帯で良く見られる光景だ。

IMG_3114.jpg

田植えも人力だ。
中腰のまま、苗を植え続ける女性達・・・
田んぼを耕すのは男の仕事で苗を植えるのは女性が多いなあ~

IMG_3119.jpg

おっと看板だ!何もない道でこの看板の存在はありがたい!
WATER FALLS LIPHIを目指す・・・

後3kmぐらいか?遠いなあ~~

IMG_3117_20140622233428981.jpg

うへ~~~何にもねえ~~
影がほしい!誰か通らないかなあ~乗せてくれないかなあ~

続く・・・
関連記事

| シーパンドーン | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。