アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~プレ・ループからの夕日


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

本日のシェムリアップ近郊の遺跡めぐりも終盤に・・・
スラ・スランの溜池でカンボジアの子供達が魚釣りを楽しんでいるのを
ぼーっと見ながら、時折吹く心地よい風に日焼けして火照った顔や腕が
癒されていく・・・

IMG_6941_201509061701350c1.jpg

一向に魚が釣れる様子がないのだが、楽しそうな子供達。
僕も子供の頃、陽が落ちるぎりぎりまで近所の川や池で
魚釣りに夢中になっていたものだなあ~

何も考えていなかった子供の頃が懐かしい。

IMG_6940.jpg

そんなスラ・スランからプレ・ループの遺跡が見える・・・
遺跡からのキレイな夕陽を見るにはアンコールワット近くの
プノン・バケンが有名だが観光客が多くて多くてゆっくりできない。

今回は穴場?のプレ・ループから夕陽を眺めよう!

IMG_6955.jpg

プレ・ループに到着。やはり観光客はあまりいない。
というか、まるでいない様子・・・
昼間でこそ、代表的な遺跡めぐりのルートとして大勢の
観光客が押し寄せるが、この時間になるとほとんどいない。

IMG_6960.jpg

夕陽の時間には少し早いので、何度も来ているがぐるりと
遺跡を一周して観光・・・

IMG_7002.jpg

トゥクトゥクのドライバーに一時間後ぐらいに戻ると告げて
その間、ジュースでも飲んでくれと少しばかりのお金を渡す。
完全に暗くなると足元が見えなくなるので注意しろよ!と言われる。

急な階段を登り鑑賞スポットへ・・・

IMG_6970.jpg

3棟ある祠堂の真ん中に陣取りきれいな夕陽を待つ・・・
目の前にはジャングルが遠くまで広がり・・・

IMG_6975_201509061709286c9.jpg

トゥクトゥクを洗う人や・・・

IMG_6981.jpg

牛が草を食むのんびりとした光景が・・・

遺跡にもたれながら座り込み、すでに生温かくなったミネラルウォーターを
チビチビ飲みながらそんな光景を見ていると、あーカンボジアに来ているのだなあ~と
妙にしみじみ感じるのだ・・・

同時に内戦時代のカンボジアを思い、平和の尊さも感じるのだ・・・

IMG_6998_20150906170850bab.jpg

肝心の夕陽は・・・

残念ながら厚い雲に覆われてキレイには見えなかったけれど
僕にはとても貴重なひと時だったのである・・・

さ、飯食うぞ~~!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコール遺跡~スラ・スラン~

アンコールワット遺跡・スラ・スラン
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

スラ・スラン。。。

バンテアイ・クディの正面に位置したこの遺跡は王が沐浴する為の
池とされ、東西約700m、南北約300mもある

IMG_0365.jpg

池の中央には塔が建っていたらしいが、今は見る影もない。。。

IMG_0367.jpg

今は池を望むテラスと池の周囲に砂岩の縁取りが残されているだけだ。。。

IMG_6812.jpg

そんな池の様子をトゥクトゥクを停めて眺めていると
どこからともなく、たくさんの子供達が現れて。。。

チップ、チップ!
キャンディ、プリーズ!

などと、口々に叫びながら手を出してくる。。。

IMG_6811.jpg

お金は親に取られるだけなので、こういう時はキャンディーを
あげる事にしているが、これもあまりいい事ではなさそうだ。。。
観光客がキャンディーや甘いお菓子を与えすぎて虫歯が増えて
いるそうなのだ

IMG_6803.jpg

キャンディーをあげると、はにかみながらサンキューと言ってくれる。。。
嬉しそうな笑顔を見ているとなんだかホッとするなあ~

IMG_6810.jpg

この子達は非常に元気だ!我々外国人に100%全開の
好奇心でぶつかってくる。

英語でどこからきた?名前は?

ジャパンと答えるだけでも凄く喜んでくれる

IMG_6807.jpg

この子達全員が学校に通い、満足に食事を取れるように
なるまでにはまだまだ時間が掛かるだろうなあ~。。。

日本からも多額の援助がこのような子供達に寄せられているはずなのだが。。。
いろいろと複雑でややこしい事情があるんだろうなあ~。。。
関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。