アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・スワヤンブナート~ネパール最古の仏教寺院


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥの西に緑に囲まれた丘の頂上に白いストゥーパ
見える
ネパール最古の仏教寺院であるスワヤンブナートだ。

頂上にあるその寺院を訪ねるべく長い階段を登っていく

IMG_2132.jpg

俗にモンキーテンプルと呼ばれるぐらいに、この階段を含め
丘全体にサルがたくさんおり、時々メガネをかっぱらう等、
トラブルを起こすらしく出来るだけ彼らと目を合わさずに歩く

IMG_2129_2014072122065521e.jpg

頂上に着くとすぐに目に飛び込んでくる白いストゥーパ
この眼の模様・・・ネパールに来て見たかった風景の一つだ・・・

IMG_2145_20140721221028909.jpg

このストゥーパを時計回りに歩く。右回りに歩くと言うのは
原始仏教以来の作法との事だ

ネパール人の女性がマニ車を回す・・・
僕も同じくマニ車をグルグルと回す・・・

IMG_2139.jpg

古い寺院だけあって境内にはいろんな建物がある。
インド様式の仏塔や大日如来の像などが点在する。

ちょっとした土産物屋もあって宗教画であるタンカ
マニ車のミニチュアとか売られている。

IMG_2140_20140721220932aeb.jpg

仏教一色かと思っているとヒンドゥーの神様もいたりして
ネパールの宗教的な多面性を伺う事ができたりもする。

IMG_2127_201407212207386bf.jpg

このストゥーパの側面に密教の本尊である大日如来が安置されている。
日本でも有名な大日如来はスワヤンブナートの開基に深いかかわりが
あると言う・・・

それは伝説としてこう語継がれている・・・

「太古の昔、カトマンズは大きな湖であった。ある時、その湖に
浮かぶ島に咲く蓮華から、大日如来が姿を現した。
それを知った文殊菩薩が、中国からインドへ向かう途中
この湖に立ち寄ると、湖に住む大蛇が悪行を働いて、
民衆を苦しめていた。文殊菩薩は、大蛇に立ち向かい、
利剣で山を切り開いて、湖とともに大蛇を消し去った。
文殊菩薩は、丘として残った島にストゥーパを建立し、大日如来を
奉った。その湖の跡地が、現在のカトマンズになったという・・・」

以下のサイトより引用
スワヤンブナート
http://www1.plala.or.jp/naopy/nepal/k_sw.htm


IMG_2126_20140721220655d7a.jpg

スワヤンブナートからカトマンドゥの街を眺める・・・
え~~っ!このカトマンドゥ盆地が湖だったとは!

IMG_2135_20140721220922d74.jpg

近年の地質学の研究によりかつてカトマンドゥ盆地が
湖であった事が判明したらしい!!

伝説は事実を含むものなんだなあ~~
しかも伝説通りならまさしく最古の寺院なわけだ!

IMG_2137_2014072122092226e.jpg

これは無明を打ち砕く雷。金剛杵(こんごうしょ)と呼ばれる密教の
法具だ。日本でも密教の仏像なんかが手に持ってるなあ~

何だか巨大なパワーが得られそうだ!触っておこうっと!

IMG_2142_20140721220929269.jpg

ん~~、なんだかお腹の調子も復活してきたような??

せっかくだからもっと肝心な時にパワーを発揮してほしいなあ~
もったいない・・・

続く・・・

関連記事
スポンサーサイト

| カトマンドゥ | 00:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ワンデュ・ポダンからトンサを目指す!②

IMG_2283_20140721181306cbf.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

相変わらず3000m級の山々をクネクネと車は走り続ける・・・
高山病特有の車酔いに似た吐き気も頭痛もすることなく、車窓からの眺めを
余裕を持って堪能するのだった・・・

道路に面した岩肌にちょっとした洞窟があれば、そこが神聖な場所だと言うように
グル・リンポチェ?のような壁画?が描かれていたりと楽しい

IMG_2286.jpg

そして車は今日の昼食をとるレストランを目指し、最寄のこのネパール式の
ストゥーパのある場所で停車。そのレストランまでは歩いていく事に・・・

IMG_2289.jpg

ズーム!!

確かにネパールで見た「眼」のあるストゥーパだなあ~
チョンデブジ・チョルテンと呼ばれるこの巨大な白いストゥーパ
この地の悪霊を鎮めるために造られたとか。どんな悪霊だろう?

ネパールは隣の国だし、こんなストゥーパがあってもおかしくない。

IMG_2291_201407211812189cd.jpg

ストゥーパにもいろいろあって、写真のような壁のような物もある。
仏塔のイメージからは程遠いなあ~~

IMG_2287_20140721181324e27.jpg

あらららら!これはトイレ??
一応囲いはあるけど・・・落ち着かないなあ~これは

高山病予防の為にマメに水分補給するのだが、その分やはりトイレが
近くなるもの。僕はまあ男なので、ちょっとストップ!とドライバーに声を
掛けて、その辺で済ます事ができるけど、女性の場合は大変だ

IMG_2294_20140721181620d40.jpg

では歩いてレストランを目指す!
ガイドのペマがしょっちゅう携帯電話でスムーズな旅をサポートすべく
ホテルに電話したり、先の道路状況を仲間に聞いたり、何かと気に掛けて
動いてくれる。ペマだけでなく、ブータンのガイド達はきっと皆そうなんだろうなと
思えるのだ。僕が会ったブータン人は皆素朴で親切な人ばかりだった。

IMG_2303_201407211816216b4.jpg
IMG_2304_20140721181805615.jpg

野生の猿?がたくさんいたなあ~~
珍しい種なのかな?
人間に怯える様子も無く近付いてくる・・・

IMG_2298_20140721181543499.jpg

ブータンのあちこちで見かけた大きなストーブ。
薪を燃やして暖をとる。ポプジカでは薪ストーブ付きの部屋に
泊まったが、僕がヘタクソなのか?なかなか薪を燃やすのが
難しく、寒い思いをしたなあ~~

IMG_2297.jpg

レストランの壁に前国王ジグメ・シンゲ・ワンチョクの写真が飾ってあった
一緒に写っている女性達は国王の奥さん!
しかも、女性達は4人姉妹なのだ!
それぞれの奥さんとの間に子供もいる。

ただただ凄いなあ~~と・・・

IMG_2300.jpg

で、この写真の左が現国王ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチョクで
右が前国王のお父さん。

2011年に美しい奥さんと一緒に来日した時はそのハンサムフェイスで
一躍有名人に。そしてブータンという国が知られる事になるきっかけにも
なった。

今では数少ない王様のいる国、それがブータンなんだなあ~

続く・・・
関連記事

| トンサ | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ボダナート~ネパール最大のストゥーパを見る!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ネパール最大のストゥーパカトマンドゥ盆地のボダナートにある!
世界遺産にも登録されているこの巨大なストゥーパはタメル地区からタクシーで
30分ぐらいで行く事ができる・・・

よし!この距離ならトイレもガマンできそうだ!←まだ完全復活していない

タクシーを降りると大きなゲートが目の前に・・・

IMG_2042.jpg

おおおおおっ!素晴らしい!

これこれ!ある意味、ネパールの象徴とも言える巨大なストゥーパ
目に飛び込んできた!

周囲にはチベットから持ち込まれた骨董品などを売るツーリスト向けの
土産物屋や線香や仏具を売る巡礼者向けの店でびっしりだ

IMG_2046_20140330234122a9d.jpg

この巨大なストゥーパが鎮座する階段状の4層の台座?には入る事が出来る。
熱心な巡礼者がロウソクや線香を供えていたなあ~

IMG_2070_20140330234304e01.jpg

ここボダナートは古くからチベット仏教徒の主要な巡礼地であり、
中国のチベット武力併合後は世界でも有数のチベット文化の中心地に
なっているそうだ・・・

そんなボダナートに建つこの巨大なストゥーパには確かにチベット人と
思しき顔立ちの人々がたくさん訪れていた。

IMG_2053_20140330234300123.jpg

彼女達もネパール人とは違う顔立ちだよな~~

IMG_2079_2014033023425050c.jpg

彼はチベット僧なのかな?

巡礼者はただひたすらストゥーパを右回りに回り続ける・・・

この冬の季節はネパールはもちろん、ブータン、インドのチベット系住民が
避寒を兼ねて巡礼にやってくるそうな。

ここボダナート周辺にはおよそ20のゴンパがあり、多くの僧や
尼僧が学ぶ修行の中心でもあるのだ

IMG_2052_201403302343000c9.jpg

マニ車をひとつひとつ回しながら真言を唱える老婆・・・

IMG_2060.jpg

巨大なマニ車もあるぞ

IMG_2045.jpg

雲ひとつ無い真っ青な空に色とりどりのタルチョがはためく・・・

この目の描かれた塔は後に行くブータンでもたくさん見たなあ~

IMG_2081.jpg

ん?

ふと塔を見ると何やらオレンジ色の液体をストゥーパにぶっかけているぞ!
なるほど、このストゥーパにうっすらと残る黄色い線は、あのようにして
作るのだな~・・・結構な技術だ。

ささ、ホテルへ戻ろう!トイレ!トイレ!(苦笑)

| ボダナート | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。