アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタンからトンサに向けて出発!


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ホテルから眺めるライトアップされたジャカル・ゾン

そもそも外国人旅行者が自由に行動できない事と宿周辺に
何もないので、一日の旅程が終了し部屋に戻るとぼーっと
過ごす事になる。

Wi-Hiの環境が整っているので日本の情報を入手したり
ブログやメールの確認ができるのはありがたい。

IMG_2659.jpg

これはブータンの紙幣。ニュルタム(BTN)。
1ニュルタムは1.8円ぐらい。

最高紙幣は1000ニュルタムで1800円ぐらい。
ちなみにお隣インドとは1インド・ルピー=1ニュルタムで固定されている。
1000と50に現国王が描かれている。

IMG_2660_2015111421114983e.jpg

裏には各地にあるプナカ・ゾン等、主要なゾンが描かれている。

IMG_2656_20151114211142d2d.jpg

で、夕食なのだが、これは水餃子。皮が分厚くて非常に
食べごたえがある。肉汁(なんの肉かは不明)がじゅわ~と
口に広がりクセもなく美味しい!

IMG_2654_20151114211146d40.jpg

問題はコレ!蕎麦!
見た目、日本のざる蕎麦のような感じだが・・・
食べてみるとコシがなく、口の中でほろほろと崩れる感じ。
ブツブツした食感。味はなんというか素朴過ぎると言うか
味らしい味がなく、2口でやめた(苦笑)

IMG_2685.jpg

翌朝、宿を出て一路トンサに向けて出発。

IMG_2684.jpg

ヨトン・ラと呼ばれる3400mの峠に到着。
高度順応もしてきたので車酔いみたいな高山病の
症状もなくなってきて快適に。

ただし、車から降りて歩く時はゆ~っくりと息をするように
心掛ける。

IMG_2674.jpg

途中に寄った土産物屋でブータンに来たら購入しようと思っていた
布を物色。中でもヤクの毛を使ったヤタと呼ばれる厚手の織物を
購入。写真の一番右端。

荒い織物だがヤクの毛というのがポイント。
高地ならではの織物ではないか!満足。

IMG_2677_20151114214029c95.jpg

織機も見せて貰ったけど、いたってシンプル。

ブムタン周辺は毛糸の産地で、紡ぎから染色、織りまで
すべて地元で行う事が出来るとの事。

IMG_2692.jpg

トンサに到着してガイドのペマが銀行に寄ると言うので
僕も付いていく。ブータン銀行、トンサ支店。

IMG_2696.jpg

おお!なんとATMがあるではないか!
ATMの枠が木製なのはご愛嬌。中に人が入ってたりして?(笑)

IMG_2698.jpg

窓口は地元の人で大賑わい。国王夫婦のポスターも。

このポスターを昭和天皇と皇后様にすると・・・
昭和初期の日本の風景に!?
こんな感じだったのではと想像が膨らんだ・・・
関連記事
スポンサーサイト

| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタン~ジャカル・ゾンを訪ねて


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ブムタンで宿泊したジャカル・ビレッジからジャカル・ゾン
望む事ができる。ぶらぶら歩いて訪ねてみよう!

IMG_2547.jpg

ホテルからでて緩い傾斜を歩いていた時に男女の大きな歓声が
聞こえてくる。見てみると空地でブータン式のダーツとも呼ばれる
クル」で遊ぶ地元の人々の声であった。

IMG_2554.jpg

20mぐらい離れた、この的を目がけてクルと呼ばれる木の軸に
釘のような鉄の芯をつけ、羽で安定させた物を投げる。

1人が2回ずつ投げて中央に当たれば3点。25点を先取した
チームが勝つというゲームらしい。

IMG_2550.jpg

的に矢が当たるたびに大歓声があがる。
女性陣は食べ物や飲み物を用意して観戦。
旦那や彼氏が活躍するのを見ながら他の家族と
コミュニケーションを楽しんでいるようだ。

IMG_2551.jpg

この日は、年が明けたてだったのでブータンもニューイヤーの
休日を満喫しているようだなあ~

    

的に矢が当たると味方のチームは歓声をあげ、勝利の歌と
踊りをひとしきり披露する。的に当てた者は的に掛けられていた
絹のスカーフを受け取り、名誉の証としてゴの帯にはさむ。

IMG_2567.jpg

そんなクルの様子をしばらく見た後にジャカル・ゾンへ。
階段を上がって入口に向かう・・・

IMG_2569.jpg

門の手前にある誰もいない受付所?で記帳しなければならない。
みんなヒマラヤの麓の誰も知らないようなマイナーなゾンに
結構来ているんだなあ~と思わず感動・・・

IMG_2586.jpg

こじんまりとした誰もいないゾン・・・

「白き鳥の城」という別名を持つこのゾンは1897年に
大地震で崩壊し、その後縮小されて再建されたそうな・・・

IMG_2582.jpg

誰もいないゾンは静かで、オフィスはカーテンが閉められていた。
ニューイヤーの休日なんだろうか?

IMG_2581.jpg

放し飼い?されたニワトリが辺りをうろつく・・・

IMG_2589.jpg

巨大なマニ車を動かして見る・・・重っ!
ガラガラと大きな音がゾン全体に響き渡る・・・

IMG_2592.jpg

一般にゾンはドゥク派の僧院としての意味合いが強いらしく
ニンマ派の多いここブムタンではあまり支持されていないらしい・・・

なんとなく寂しい感じがするのは休日だけの理由ではなさそうだなあ~~


関連記事

| ブムタン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ブムタン~タルパリン僧院を巡るトレッキング①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

車のシャフトが突然折れて立ち往生・・・
日が暮れ、寒さを焚火でしのいで待つ事3時間・・・
マイナス5度の中、疲労と空腹で僕達3人はほとんど無口に

替えの車がやってきた時は心の底から助かった~~っと思った

車は2時間程走り、ブムタン地方に入りジャカルという所にある
ジャカル・ビレッジ・ロッジというホテルに到着・・・

部屋は暖房が効いていて冷えた身体が蘇ってくる!

IMG_2447.jpg

壁紙はブータンの伝統的な文様が描かれており、情緒があるなあ~
天井も床も木のぬくもりが感じられて落ち着く。

IMG_2449.jpg

ワイファイも使えるので日本との連絡や情報収集に役に立った。

IMG_2451.jpg

バスタブこそないが、しっかりと温かいシャワーも浴びられて快適。
トイレも洗面も衛生的でグッド!

IMG_2453.jpg

とりあえずお腹が減ったので食堂に向かう・・・
食堂には大きな薪ストーブがあって非常に暖かい。

客は僕とフランスから来た親子だけ・・・
シーズンオフにやってきたからかな?
どこのホテルもお客が少ない・・・

IMG_2454.jpg

ボンッ!と置かれた数々のブータン料理
このホテルのオーナーは元県知事さんで、料理や紅茶にうるさい
趣味人らしいので、味に期待できるかな?

IMG_2456.jpg

ぱらぱらとした赤米を皿に乗せ、適当におかずを盛っていく。
これは鶏肉と野菜の煮込み料理だが、辛い!塩辛いのだ!

ブータンの煮込み料理は例外なく辛い!
スパイスを多用したインドの料理と違って、ブータンの料理は
チーズ、塩、バター、サンショウに限られるようだ。

IMG_2455.jpg

これはブータン名物のエマダツィ
唐辛子とチーズを煮込んだだけの料理。
そう、ブータンでは唐辛子は野菜なのである!

これ辛いけどご飯が進む進む!
ピリッと辛いシチューのような感じだ。

味は恐らく観光客向けにアレンジされていると思われる。
どこかのレストランで地元の人が食べてるエマダツィを見たが
唐辛子色で真っ赤かだったからなあ~~

IMG_2457.jpg

たっぷりとブータン料理を堪能したが・・・
口に合うか合わないかと聞かれると、僕は合わないなあ~
何というか肉料理にはコショウがほしいし、味付けには魚醤系の調味料が
ほしい!醤油系でもいいけど・・・

タイならナンプラー、ベトナムならニョクマム・・・
何かこう臭みのある調味料がほしいところなのだ。

それでもたっぷりと夕食を食べ、疲れていたのかすぐに寝てしまい
朝起きると夜には気付かなかったテラスのブランコを眺めつつ
タルパリン僧院へのトレッキングに出かける準備だ。

IMG_2466.jpg

そこそこ大きなホテルだったんだな~~

IMG_2464.jpg

ホテルからはジャカル・ゾンが見える。
ロケーションは良いなあ~

なんとタルパリン僧院へのトレッキングにはオーナーである
元知事さんが途中まで案内してくれると言う!
なんでもバードウォッチングが趣味らしく近くまで行くから送るよ!との事。

ありがとうございます!

続く・・・
関連記事

| ブムタン | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。