アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パシュパティナート~ネパール最大のヒンドゥー教寺院


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ガンジス川の支流であり、聖なる川とみなされるバグマティ川
川岸にあるパシュパティナートは、ネパール最大のヒンドゥー教の
寺院であり、インド亜大陸にある4大シヴァ寺院の一つである。

IMG_2093_201406160147433f6.jpg

残念ながら信者以外は寺院内に立ち入り禁止。

それでも川岸で行われる火葬の様子は自由に見る事ができる。

IMG_2087_2014061601482497b.jpg

次々と遺体が親族の手によって運ばれ、荼毘に付されていく・・・
あたりは異臭を帯びた煙が細かな灰と共に絶えず充満している・・・

何とオープンであっけらかんとした最後の儀式なんだろう・・・

IMG_2088.jpg

遺体を大きな薪の上に乗せ、まわりに固形燃料を敷き詰める・・・
火をつけると瞬く間に炎に包まれる遺体・・・

恐らく専門の人々だろう、時折遺体を長い二本の竹でひっくり返し
完全に灰になるまで焼いていく・・・

こんなシーンは初めて見たが、不思議とショッキングな気持ちに
ならないのは余りにもオープン過ぎるからだろう。

IMG_2091.jpg

灰は聖なるバグマティ川に流されるのだが、故人の遺品なども
流される。その遺品を拾い集めるて清掃する人々がいる。
きっとその人々も専門の人々だと思われる。

ボーっと火葬の様子を眺めていると親族だろう、何やら大きな声を出しながら
川にヒラヒラと何かを捨てた・・・
良く見ると故人のだろう、エックス線の写真だった・・・
癌か何かで亡くなったのだろうか?

輪廻転生を信じるネパールの人々にとって、このエックス線写真は
火葬後は前世の物になるのだ・・・
再び健康な身体を持って甦るのだから・・・

IMG_2098_20140616015012dce.jpg

そんな聖なる川で洗濯をする女性の姿を見た。
ネパールの人々の生死観を象徴するような光景だなあ~

IMG_2103_20140616014956b36.jpg

ん?もしかしてあれはサドゥー

最古のシヴァリンガを祀るキラテシュワール寺院をネワール族の
サドゥーが守っているのだ。

IMG_2106_2014061601500362a.jpg

しかし見事なヘアスタイルだなあ~

中には偽のサドゥーもいて、カメラを向けるとチップチップと
しつこい輩もいるから注意だ。

IMG_2113.jpg

中にははるばるインドからやってくるサドゥーもいるらしい。
遺灰を身体中に付け、独特の雰囲気を醸し出す彼ら・・・

う~~ん、ヒンドゥ教の世界は深いなあ~

関連記事
スポンサーサイト

| カトマンドゥ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・カトマンドゥのダルバール広場


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

カトマンドゥーの日本食レストランでカツ丼を食べた後に
強烈な下痢と嘔吐に襲われ、ほとんど一睡も出来ずに朝を
迎えた・・・

本来ならばホテルの部屋でゆっくり休む方が身体には良いの
だろうが、やはりネパールまで来て観光しないのももったいない!

とにかく近くのダルバール広場まで歩いて行ってみよう!

写真はカーラ・バイラヴと呼ばれるシヴァ神の化身の一つで恐怖の神!
カーラ・バイラヴの前でウソをつくと即座に死んでしまうと言われ、
昔はこの像の前に容疑者を連れて来ては罪を白状させたと言う・・・

IMG_2017.jpg

ダルバール広場に入る・・・

ダルバールというのはネパール語で「宮廷」を意味する。
3つの王朝がカトマンドゥ盆地に君臨した時代には王宮前の広場として
カトマンドゥ王国の中心だった。

現在もここカトマンドゥパタンバクタプルにも同様のダルバール広場
あって、それぞれの王が美しさを競い合っただけあって、どの広場も見応えの
ある寺院や宮殿が残っている。

IMG_2023_20140203033653ed2.jpg

地元の人々で広場は賑わっているなあ~
観光客も結構いるけど、ほとんどがローカル。

観光客待ちのタクシードライバー、お参りにきたローカルの
おばさん、デート中のカップル・・・憩いの場となっていた。

ちなみに写真の右の寺院はシヴァ・パールヴァティー寺院と言って・・・

IMG_2032_201402030337515f3.jpg

窓からシヴァ神パールヴァティー妃が仲良く寄り添って
人間の街を見下ろしている

このふたりはとても情熱的なカップルでヒマラヤの奥深く
カイラス山に住んでいるらしい・・・

このシヴァ神の妃パールヴァティーはヒマラヤの娘で良妻賢母。
しかし、破壊神のシヴァの妃だけあってドゥルガーと呼ばれるタイガーに
乗り、10本の腕に武器を持つ美しくも戦闘的な女神にも化身するのだ。

IMG_2030_20140203033727428.jpg

シヴァ寺院。広場中央にある、ひときわ高い建物。
ほとんど寝ていないので身体がけだるく調子はイマイチだけど
登ってみよう・・・

寝転がるおじさん、仲の良いカップル、おしゃべりに夢中な
女の子達の間を抜けながら上へ・・・

IMG_2028_20140203033720877.jpg

最上段の階段に腰を下ろしてダルバール広場を眺める
ほんとローカルが多いなあ~、国内からの観光客も多いのかな?

さっきから僕の横には犬が一匹寝そべっているのだが
チラッ、チラッとたまに僕を見ては「無理するなよ~」って
言ってる気がした

IMG_2033.jpg

国王の住まいがあった旧王宮の方角を見る。
マッラ王によって建てられたタレジュ寺院・・・

IMG_2014_201402030331521eb.jpg

それにしてもダルバール広場にはハトがたくさんいるなあ~
陽が差して暖かそうに見えるけど実は結構寒い!

IMG_2019.jpg

さて、このダルバール広場には生き神クマリが住む館がある。

クマリには女神ドゥルガー他、多数の女神が宿るとされ、
初潮前の怪我や病気の跡の無い、美しく利発な少女が選ばれ、
両親の元から引き離され、神としてのふるまいを方を教え
込まれる・・・

で、このクマリの館に住みながら人々の病気治療や願望成就の
祈願、占いを行っているのだそうだ・・・

IMG_2021.jpg

中に入って見上げて見ると・・・
見事な彫刻が施された窓枠が目に飛び込んでくる・・・

女神の世話人にお布施を渡すと、クマリがその窓から顔を
出してくれるとのこと。ん~~、見て見たい・・・
団体客が来たときに便乗して見るのがいいのだろうが
そんな客が来る様子も無い・・・

運がよければ!と思っていたので今回は諦める・・・

それよりも早くホテルに戻ろう・・・
トイレ、トイレ・・・
関連記事

| カトマンドゥ | 00:02 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・パナウティ~美しい街並みを早朝に歩いてみた!①

IMG_1713.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

足の裏に靴下を履いたままカイロを貼り付け、ユニクロのヒートテックの
パッチとインナー、それにフリースの上着とニット帽を被り、夜の8時には
寝てしまった昨夜。。。

それもあって朝の5時には目が覚めたので、朝が美しいと言われる
パナウティの街を散歩してみる。。。

こんな早朝にもかかわらず、何軒かの店がすでにオープンしている。。。
パナウティの朝は早いようだ。

IMG_17191.jpg

赤いレンガと木彫りの窓枠が印象的なネワール建築の街並みが続く。。。
この写真だけ見るとネパールとは思えない、どこかイタリアっぽく感じる。

IMG_1714.jpg

でもでも、こういうのを見るとやっぱりネパールなんだなあ~と思ったり。。。
いいなあ、この感じ!!

しかし、めちゃくちゃ寒い!0度以下なのは間違いないな

IMG_1720.jpg

ヒンドゥーの神々を祭った祠が、朝の冷たい空気にさらされて
余計に神聖に感じる

IMG_17211.jpg

上の破風を見ると、これはシヴァ神を祭っているのかな?

IMG_1715.jpg

沐浴所もあるが、こんな寒い朝にまさか沐浴する人はいないだろうなあ??
こういう雰囲気も大好きだ!

IMG_17161.jpg

至る所にニワトリがいるぞ!

この赤レンガの住居って隙間風で寒いような気がするんだけど
実際はどうなんだろうか?

IMG_17251.jpg

凍ったつり橋を渡ってクリシュナ寺院を目指す。
足がつるつる滑ってあぶない!

IMG_1728.jpg

おおお!美しい!

橋の上から東の方を見ると昇ったばかりの太陽がクリシュナ寺院
眩しく照らしていた。。。

IMG_1727.jpg

もう一枚!パチリ!

確かにこの街は朝が美しい!!
もうちょっとブラブラしてみよう!!

続く。。。
関連記事

| パナウティ | 00:05 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。