アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡・バプーオン

バプーオン入口の看板

バイヨンから歩いて200mぐらいの所に
『隠し子』という意味を持つバプーオンと言う
遺跡がある。

バプーオンの空中参道

入口を入ると長さ200mにも及ぶ円柱列に支えられた
『空中参道』が続く。

僕はこの遺跡が好きでこの『空中参道』が特に
気に入ってます(笑)

空中参道の円柱列

こんな感じで円柱列に支えられてるんです。
建設当時はこの参道の両脇に池があって本当に
空中に浮いているような感じだったそうですよ。

バプーオンの中央祠堂

残念ながらバプーオンの中央祠堂は工事中で
入れません!去年の3月に訪れた時も入れませんでした。

フランスが中心となって修復にあたっているそうですが
このスピードからすると5~6年は無理なような気がします。。。

でも工事が完了すると間違いなくアンコールワット遺跡の中で
人気が急上昇すると思います~。


バプーオンの修復工事

なぜ『隠し子』かって??(笑)

その昔、シャム(現在のタイ)の王とカンボジアの王は
兄弟だった。あるとき、シャムの王は自分の子供を
カンボジアの王に預けたいと申し出て、カンボジアの王も
喜んでその申し出を受けた。しかし、カンボジアの廷臣達は
『これはシャム王の謀略、将来はシャム王の王子にこの国を
奪われるかもしれない!』と反対し、王はシャムの王子を
殺してしまった。これに怒ったシャムの王はカンボジア
大軍を進攻させ戦争が始まった。そのとき、カンボジア
王妃が自分の子供が報復としてタイ軍に殺されるのを恐れ
この寺院に隠した。それが『隠し子』=バプーオンの
いわれとなった。。。。。


と言うことらしいです。

『隠し子』と聞いてワイドショウ的なスキャンダルな話を
想像してましたが、実はこんな伝説があったんですね~~(笑)

こんな感じで時々、アンコールワットの様々な遺跡を
紹介していきたいと思います~~。

↓↓ 遺跡っていいなあ~!という人!ぽちっと!(笑) ↓↓
関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 23:50 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。