アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィリピン・マニラの街をぶらぶら歩いてみる⑤


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

サンオーガスティン教会を後にしてイントラムロスの街並みを堪能しながら
たどり着いたのがマニラ大聖堂だ。

先の大戦で破壊されたが再建され、フィリピンで最も重要な教会とも
言われる。再建にあたっては神奈川県知事からの援助があったとか。

IMG_8158.jpg

しかし。。。残念な事に只今修復中(2013年8月現在)である・・・
4500本ものパイプがあるアジア最大のパイプオルガンを見てみたかったのだが・・・

IMG_8163_20140721195827905.jpg

教会の前は噴水のある公園になっており、教会の全景が見渡せる。
ドーム型の屋根と釣鐘のあるタワーの造形が印象的な教会だったなあ~

IMG_8168.jpg

続いてやって来たのはイントラムロスの端に位置するサンチャゴ要塞だ。
かつて城壁都市として機能していた時代には戦略上最も重要な場所だった。

IMG_8174.jpg

第二次世界大戦中は日本軍がここを占領。
多くのフィリピン人が命を失った場所でもあるのだが・・・
彼らはこのような水面下の地下牢に閉じ込められて、満潮時に
水死させられた・・・

IMG_8173.jpg

ここから地下牢に通じるようだ・・・

時にアジアの旅は日本の負の一面を覗く事も多く、
考えさせられる事も多い。

IMG_8176.jpg

サンチャゴ要塞の最先端あたりから対岸のチャイナタウン方向を望む。
高層ビルも建築中で好調な経済成長が感じられる一方で・・・

IMG_8185.jpg

ふと少し眼を向けると、決して豊かそうとは言えない集落も多く
見かけるのだ・・・

今アジアのどこの大都市も抱える問題なんだけど、マニラも例に
漏れないようだ。

IMG_8186.jpg

このサンチャゴ要塞にはリーサル記念館がある。

ホセ・リサールは、フィリピン独立運動の闘士にしてフィリピン
国民的英雄。医師、著作家、画家でもあった。
志半ばにして捕らえられ、スペイン軍の手で銃殺されたが、その意志は
人々に受け継がれ、フィリピン独立の英雄として今も愛され続ける。wikiより。


IMG_8189.jpg

で、そのホセ・リーサルの恋人と言うのが日本人の「おせいさん」で
彼女の肖像画も展示されている。

IMG_8191.jpg

彼の最後の日が再現されており、リーサル氏の像が檻の中に
立っており、そこから彼が歩いた軌跡が足跡として地面に描かれ・・・

IMG_8192.jpg

足跡はここで無くなっていた・・・

続く・・・

関連記事
スポンサーサイト

| マニラ | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィリピン・マニラの街をぶらぶら歩いてみる④


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

赤いシャツを着た目つきの悪い罰金連呼ストーカーをショッピングモールに
入る事で振り切った。その記事はこちら

とにかく何をしてくるか判らないぐらいヤバイおっさんだったので
ショッピングモールに入った後も、何度も後ろを振り返りながら
警戒した。1時間ほど時間をつぶし、入ったのとは違う方角から
ショッピングモールを後にした・・・

リサール公園を出てさらに北に歩いていくとイントラムロスの入口だ。

IMG_8136.jpg

スペイン時代の面影を残すここイントラムロスは、スペイン統治時代には
12の教会、大学、病院などがあったと言われるが、第二次世界大戦時に
日本軍とアメリカ軍の戦闘でほとんどは破壊されてしまった

IMG_8139.jpg

それでも石畳や重厚な建物などスペイン時代の面影があちらこちらに
残っているなあ~

実はここイントラムロスも治安の悪い所なので脇道に入ったりはせずに
メイン通りのルナ通りを真っ直ぐに歩いていく

IMG_8140.jpg

馬車が通る。観光客向けの馬車だと思うが、料金交渉も面倒くさいし
変な所に連れて行かれたりしてトラブルに巻き込まれるのもイヤなので
見るだけにしておく

ん~~、何かまだ街歩きを楽しめていない自分がいるなあ~・・・

IMG_8138.jpg
IMG_8142.jpg

感じの良いレストランやギフトショップが並ぶ。

歩いていて不思議な感覚になる。それは全くアジアの雰囲気が
しない事だと気付く。

フランスに統治されていたベトナムやラオスにも確かに建物等に
当時の面影や影響を感じる事があるけれど、やっぱりアジア的。
ごちゃごちゃ物が溢れ、屋台が並ぶ独特の活気がここにはない。

街はきれいで整然としていてどちらかと言うと静かなのだ。
目や耳や匂い・・・五感を刺激する要素が少ないのだ。

IMG_8143.jpg

そんな事をいろいろ考えながら歩いていると世界遺産にも登録されている
サンオーガスティン教会に辿りついた。

1599年~1606年に建てられた、フィリピンの石造建築の中で最も
古い教会。7回に渡る大きな地震や第二次世界大戦にも耐え、昔の
ままの姿を今に残す貴重な教会なのだ。

IMG_8148.jpg

中に入ると大勢の人々が祈りを捧げている・・・
いつも旅で目にするのは仏陀に祈りを捧げる人々なんだよな~~
いつも仏教メインの国々に旅する事が多いからなのだが、この光景は
新鮮に感じられた。ああ、ここは僕の知っている他のアジアではないのだ。

IMG_8150.jpg

ふと足元を見ると、古い故人達の名前を刻んだ石で埋め尽くされている。
この教会の長い歴史を感じさせる。



そんな教会の雰囲気を撮影しました!

IMG_8151.jpg

いつまでもボーッと眺めていたい。そんな教会だなあ~~

続く・・・
関連記事

| マニラ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。