アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・トンサ~トンサ・ゾンを訪ねて‐その後ブムタンへ‐


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

トンサ・ゾンに近づき、トレッキング終了・・・
渓谷を降りてから今度は逆に登り一辺倒だった事もあって太ももが
ガクガク・・・

そんな太ももを両手でモミモミしている僕をよそにガイドのペマは
せっせとゾンに入る為の正装準備をしていた・・・

IMG_2368.jpg

ゾンの中に入って行くと、豪華絢爛!色とりどりの装飾が施された
窓枠や柱が目に飛び込んで来た・・・

豪華で美しいが、この地域の行政府としての威厳も感じられる。

IMG_2378.jpg

広場を歩く彼らはこの行政府に勤める役人さんなんだろう。
日本で言うところの県庁に勤める公務員みたいなものか?

やはり皆、伝統衣装であるを着用している。
ブータンの文化風習に誇りを感じるなあ~

IMG_2380.jpg

ほう~~、ここは「金融課」かあ~
トンサ地方にかかわる融資や投資に関する仕事をしているのかな?

他にも「農業課」「市民課」みたいなセクションの看板があって
やはりここはトンサ地方の言わば「県庁」のようなものなんだなあ~

IMG_2370.jpg

で、この「県庁」と言うのがこのような木造作りの古い建物である事と
ここに勤める役人の姿がまるで日本の着物のようなので、なんだか
時代をタイムスリップしてきたような感じを覚えるのだ・・・

IMG_2369.jpg

なんだか江戸時代の日本を見るような感覚かな~~

でも、確かに今は21世紀なのだ・・・



そんなトンサ・ゾンの雰囲気を動画で確認してください!

IMG_2389.jpg

そんな感覚がブータン旅行の醍醐味であるのだなあ~
小さな国だが他の国のやり方に流されず、自国の文化と伝統、風習を
守り続ける・・・なかなかこんな事、できないよなあ~

で、極めつけがあのGDPを追いかけるのではなくてGNH(国民総幸福量)を
目標とする概念・・・

ブータン、恐るべしなのであった・・・

IMG_2402.jpg

ガガガガガッ!ドンッ!

トンサを後にしてブムタンへ向かう途中、大きな音と衝撃で
車の中で眠っていた僕は叩き起こされた!

なんと車のタイヤがシャフトから折れてしまったのだ・・・

IMG_2410.jpg

完全にシャフトが折れてしまっている・・・
今でこそ笑いながら話せるが、対向車とすれ違い時や
もう少し谷側を走っていたらと思うとゾクッとする・・・

ここで完全に立ち往生・・・
ブムタンに行くにもトンサに戻るにもちょうど真ん中の地点・・・

IMG_2405.jpg

細い山道であったが車がもう一台通れる隙間が確保できたのは
奇跡的だ・・・

ガイドのペマが旅行会社に電話を入れる・・・
なんと!今から遠くパロから替りの車を手配すると言う・・・

えっ?何時間かかるの?ちょっと途方に暮れる・・・

IMG_2424.jpg

何にもする事がないのでペマもドライバーも暇そうだ。
僕が持ってきた某歩き方のブータン版を二人で興味津々に
読むの図。

IMG_2423.jpg

そんなこんなですでに夕暮れ時になっており、きれいな夕日が
見られたのは良いが、急に辺りが寒くなってきた・・・
吐く息がしっかりと白く見えるようになった・・・

日中は暖かくても、夜は完全にマイナス温度!
しかも今いる場所は軽く2500m以上の場所!

IMG_2446.jpg

寒さに耐えかねて3人で薪を集め、たき火をする・・・
なんだかサバイバルになってきたぞ!

本当に車はやってくるのか?
あとどれぐらいで??

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| トンサ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~プナカ・ゾンでブータン人の大行列を見た②

IMG_2116_2013111801435969d.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

このプナカ・ゾンブータン中の人々が集まっているのでは?と
思うぐらいの凄い人の行列をみて(その記事はこちら)、いよいよ
プナカ・ゾンの内部に入ります

この急な階段を登って行くと。。。

IMG_2118.jpg

入口では銃を肩から提げたポリス?ブータン兵士?が
セキュリティとして入る者のチェックを行っている
女性と言う事もあってチェックもにこやかな笑顔で終了。。。

そもそもゾンとは寺院と地方行政の中核としての機能を持ち、
特にこのプナカ・ゾンは全国のゾンの中でも歴史的、信仰的に
最も重要なゾンである事から警戒も厳重になるのは無理もない。

IMG_2121_201311180145284be.jpg

一歩中に入ると広々とした中庭に出る。。。

プナカ・ゾンは何度も火災や地震(ブータンは地震が多い)、水害などの
被害を受け、その度に再建されてきた

近年も1986年の火災、1994年には上流の氷河湖の決壊で
大きなダメージを受けた。。。

IMG_2122_201311180146111c4.jpg

初代国王の戴冠式や現国王の結婚式もここが舞台だったそうだ。。。

IMG_2126_20131118014920846.jpg

中庭には巨大なインドボダイジュがあり、その周りでは
僧達が忙しそうに歩き回る。。。

IMG_2127_2013111801494421d.jpg

若い僧が多いなあ~
絵になる風景だ。。。

IMG_2128.jpg

寺院は息を呑むほど美しく装飾されている

内部はカメラ撮影禁止なので公開出来ないが、内装や
壁画の見事さはブータンで一番とも言われる。

IMG_2135.jpg

そうやって中庭をガイドのペマと歩いていたら、ペマが知り合いの
家族と遭遇。外国人(日本人)がまだまだ珍しいのか一緒に写真を
撮ってほしいとの事

男性は、女性はキラという民族衣装を着ている。
このを僕も旅の後半に着てウロウロする事になるが
意外と温かくて、しかも動き易い

IMG_2136.jpg

だいぶん陽も傾き、肌寒くなってきた

ティンプーに比べて標高が1000m以上低いと言っても
プナカは標高1300m以上あるのだ。

ワンデュ・ポダンに移動してホテルにチェックインしよう~

続く。。。

関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~プナカ・ゾンでブータン人の大行列を見た①

ブータン・プナカ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

チミ・ラカンのハイキングの後、プナカ・ゾンを目指して車は走る

プナカ・ゾンブータン全土のゾンの中でも、歴史的に
信仰的に最も重要なゾンであり、20世紀に入ってからの
大改修によって最も美しく完成された内部を誇っている。

IMG_2103_2013091601433197b.jpg

そのプナカ・ゾンであるがたった今、大規模な祭りが終了して
全国から集まったおびただしい数の人々がゾンから出てくる
ところだったのだ

IMG_2101_20130916014310249.jpg

対岸にまで伸びるブータン人の列。。。

これだけの人々が集まる祭りの内容も気になるが、
単純にこの人の多さにびっくりだ

IMG_2106_2013091601440288e.jpg

ガイドのペマ曰く、この祭りの為に何日も掛けて歩いて来る者も
いるらしい。。。

そうだろうなあ~こんなに人がいるのに停まっている車の量が
圧倒的に少ないもんなあ~~

IMG_2107.jpg

そんな行列に交じるようにペマが指示してきた
めったにない事なので一緒に写真を撮れば?と言う事らしい。。。

IMG_2109_20130916014539974.jpg

男性はみんな民族衣装のを、女性はキラを着ている

IMG_2110_20130916014612046.jpg

さらにペマが説明する。。。

この人達はブータン中のあちこちの村からやってきているので
言葉がバラバラですから、みんなコミュニケーションが取れません!

若者は英語を話すので問題ないけれど。。。

えっ!
村ごとに言葉が違うの??

峠を越える度に訛りどころか、言葉が全然違うらしいのだ。。。

IMG_2112.jpg

まだまだ続く、大行列。。。



その様子を撮影しました。どうぞ~~!

IMG_2116_20130916014729fd1.jpg

それではいよいよプナカ・ゾンの内部に入ります!

続く。。。
関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。