アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~メコン川に浮かぶデット島&コーン島①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

コーンパペンの滝をあとにして、メコン川に浮かぶデット島に
向かうためにナーカサンという村に行き、船着場を探す。。。

ここでドライバー(街の旅行会社オーナー)とお別れ!
いろいろコーディネートしてくれて非常に助かったなあ~

旅行期間が短くて効率よくラオス南部を移動するには
車をチャーターした方が良い


大きな地図で見る

これからメコン川を渡って行こうとするデッド島は隣り合う
コーン島とともにメコン本流を流れ落ちる滝の間に点在する
4000もの島々の中の一つで、ラオス初の鉄道が敷設された
歴史のある島で。。。

IMG_2994_201401182319069d2.jpg

旅行者は、その素朴で小さな島で都会の喧騒を忘れてのんびりと
長期滞在を楽しむのだそうだ。。。

僕も3日間ではあるが、このメコン川に浮かぶ島で大好きな
インドシナの国々を想いながらぼーっと過ごしたいと思う



上の動画はナーカサンからメコン川を渡ってデッド島に到着する様子です!

IMG_2990.jpg

デッド島に近づいた!
へえ~~、意外としっかりした建物が建っているやん!
本当に何にもない素朴な島をイメージしていたらいきなり
面食らってしまった

IMG_3010.jpg

若い欧米人や台湾人に交じって、日本人のどう見てもおっさんの僕が
乗り込んだ船がデッド島に到着。ほんと若者が多いなあ~。
しかもスーツケースを持った旅行者は皆無。皆バックパックだ

IMG_2997.jpg

船着場から真っ直ぐ伸びるメイン通りは舗装なんてされていない
しかも写真に写っているこのエリアが一番賑やかな所と言ってもいい。

両脇にはカフェ、レストラン、雑貨屋等が並ぶ。。。
こんな雰囲気大好きだなあ~~嬉しいなあ~~
早くもこの島が好きになりそうである。

IMG_2996.jpg

インターネットカフェ!!!
こんなラオス南部の超ド田舎でもインターネットができるのだ!

ほんとどんな国の田舎に旅行に言ってもWI-FIの
できるレストラン、ホテルが多い。旅行者はたいてい
タブレットやノートPCを持ち歩いているなあ~

そんな僕もスマホを持つまではノートPCを持ち歩く
事も多かった。現地で観光地やレストランの口コミや
移動手段のハウツーを知るには大変便利だしね。

IMG_3006.jpg

宿はリトルエデン・ゲストハウスに宿泊。
予めリサーチしておいたゲストハウスで、写真のようなメコン川
眺められる広々としたテラスと。。。

IMG_2998_2014011823213035c.jpg

シンプルだが清潔で明るい部屋で。。。

IMG_2999_20140118232157127.jpg

何よりも窓からメコン川が見られ、しかもきれいなサンセットも
見ることもできるのがいいなあ~と言うのが決め手

IMG_3004.jpg

1泊2500円ぐらい!!

でもこの島には1泊300円程度のゲストハウスもあり
1ヶ月以上滞在する旅行者もいるとか!

僕なら完全に社会復帰できないだろうなあ~~。。。
でも少し羨ましい気もするなあ~
関連記事
スポンサーサイト

| シーパンドーン | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・シーパンドーン~コーンパペンの滝・メコン川最大の滝へ~


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ワット・プー遺跡の観光を終えて、帰りを待ってくれていた
トゥクトゥクのドライバーの元へ

後ろの荷台で気持ち良さそうに寝ているのを悪いなあ~と
思いつつ足をゆすって起こす

おおっ!もう戻ったのか?っと驚きながら起きるドライバー

このトゥクトゥクあらためて見ると結構派手だよな~
むははは!ベンツのダイハツで、しかもTAXIのサイン

IMG_2942.jpg

メコン川の船着場でトゥクトゥクとはお別れ
再びメコン川を船で渡って対岸に戻ります。。。

ほんと橋が少ないんだなあ~~

IMG_2948.jpg

対岸に着くと、さらに僕の帰りを待っていた旅行会社のオーナーが
こっちだ!と合図

一路、コーンパペンの滝と呼ばれるメコン川最大級の滝へ!!

途中、道を我が物顔で占領する牛達の群れに遭遇
クラクションを鳴らしても「ん?」という感じで堂々としているぞ。

IMG_2950.jpg

1時間半ぐらいでコーンパペンの滝に到着!!

すげ~~~っ!轟々と凄まじい音をたてて、流れ落ちてるぞ!
ラオス最大にして、メコン川最大の滝だ!!

IMG_2956.jpg

ズーム!!

滝の規模は幅300m、高さ15mにも及ぶ!

IMG_2951.jpg

いくつもの水流が交じり合い、大音響で流れる!

川幅いっぱいに広がった滝のように見えるけれど
これはメコン川の本流全てではなくて一部なのだ!

IMG_2962.jpg

雨季という事もあって水量が多くて迫力があるなあ~~
眺めていると吸い込まれそうになるから、危ない!!

IMG_2963.jpg

か~~~、スゲエ~~~!

IMG_2965.jpg

この滝を利用した漁も盛んなようだ。
このメコンで捕れる魚を食べさせてくれるレストランが
周辺にたくさんあったなあ~~

食べなかったけど

IMG_2976.jpg

この写真は展望台から撮ったものだけど、一枚では到底収まらない。。。



そんなコーンパペンの滝を撮影しました!
迫力ある水の流れと音をどうぞ!

続く。。。

関連記事

| シーパンドーン | 00:02 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あさってからラオスはパクセーに行ってきま~~す!

ラオスのワット・プー遺跡
写真はチャムパーサックにあるクメール遺跡のワット・プー

あさってからラオスに行ってきます!
タイのバンコクから国内線でウボンラーチャターニーへ飛び
そこで国際バスに乗り、陸路でラオスパークセーに入ります!

そしてパークセー郊外のチャムパーサックへ行き、僕の好きな
クメールの遺跡、ワット・プーを訪れます!

lao2.jpg
写真はドン・デット島のコテージ。。。

そして、メコン川に浮かぶ4000の島、シーパンドーンへ行き
その中の一つ、静かな島、ドン・デット島でまったりと過ごします!

夜には電気も止まり、漆黒の闇に。。。
きれいな星空、蛍の群れ。。。

島内を自転車でめぐり、素朴な雰囲気にどっぷりと浸ってきます!

lao1.jpg
写真はコーンパペンの滝。。。

そして雨季の水量豊富なタイミング!コーンパペンの滝
訪れ、迫力ある姿を見てきます!

今回の旅のポイントは。。。

①陸路での国境越え(タイラオス
パークセーの素朴な町を市場を通して感じてくる
ラオス最大のクメール遺跡を堪能
メコン川に浮かぶ静かな島でまったり
⑤迫力ある滝を見る!
タイのイサーン地方、ウボンラーチャターニーを散策
⑦時間があれば5大アンコールワット遺跡群の一つ、プリア・ヴィヘア
(カオ・プラ・ヴィハーン←タイ名)を訪れる

以上です!

しばらく皆さんの所にお邪魔できませんがご了承願います!
インターネットの環境も整っていない地域なので。。。

それでは行ってきま~~~す!

Image070.jpg

ま、気を付けてニャ!
僕は寝るニャ!

byにゃむ

関連記事

| 行って来ま~~す! | 00:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。