アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・ボルネオ島~コタキナバルの街をウロウロ①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

クアラルンプールからの乗継で約2時間でボルネオ島の
コタキナバルに到着・・・

眼下にはキレイな海!ビーチリゾートとしてもマレーシア
有名であるが今回はジャングル!なのである。

成田からなら直行便もあるらしい・・・

IMG_6746.jpg

今回の旅行の移動は全てエア・アジアなのだが、これはカラーリングが
LINE仕様となっている!LINEはタイをはじめ東南アジアでは非常に
ポピュラーなんである。

空港はこじんまりとした空港だが新しくてキレイ。

IMG_6747.jpg

タクシーで市内のホテルまで。
荷物を部屋に置いて、さっそくコタキナバルの街へ!

まずは腹ごしらえと言う事で近くのマレー料理のレストランへ。
名前は忘れたけど、梅干しが入った柑橘系のジュースをゴクゴク飲む!美味し!

IMG_6749.jpg

で、メインの料理はナシレマ(右)とラクサ(左)

ナシレマはご飯に漬物や鶏肉、焼鳥、ピーナッツを添えた
マレー料理の代表格!インドネシアにもナシチャンプルという
良く似た物があるが、どちらも大好きだ。
ピーナッツのポリポリ感とご飯の食感が意外と合うのだ。

IMG_6753_2016020723081912a.jpg

コタキナバルはこじんまりとした小さな街ではあるが、近年押し寄せる
観光客や所得水準の上がった地元の人向けに巨大なショッピングモールも
あちこちにあるのだ。

年末という事もあってショッピングモールではいろんなセールをやっていたが
物価が日本と変わらないんだよなあ~・・・靴やシャツとか日本の方が安い!

IMG_6757.jpg

人口55万人のコタキナバルマレーシアで2番目に大きなサバ州
州都であり、東マレーシア最大の都市なのだ。

街並みには昔、イギリス領であった事を思わせる建築が見られる・・・

IMG_6762_20160207230915718.jpg

ジャングルや海など観光資源豊富なボルネオ観光の拠点として
近年、新しいホテルやレストラン、外資のチェーン店等がぞくぞくと
オープンしているようだ。

実際、日本人はほとんど見かけなかったが、中国人や欧州からの
観光客は非常に多い。

IMG_6760_201602072309203c4.jpg

華僑が元々多く住むので、美味しい中華料理店も多い。
夜だけ営業するそんなレストランも多く、歩道まではみ出した
テーブルや椅子に座って食事していると、まるで台湾
香港にいるような気持にも・・・

IMG_6763_20160207230921041.jpg

海岸沿いでは、シーフード料理の店が溢れかえり、地元の人々と
観光客でびっしり!あちこちから魚やイカ等を焼く良い香りが漂ってくる・・・

IMG_6766.jpg

いつまで営業しているの?と聞きたくなるぐらい遅くまで
開いているナイトマーケットをだらだら歩いて見るのも
楽しい。

もう少し、コタキナバルをウロウロしよう!

続く・・・

関連記事
スポンサーサイト

| ボルネオ島・コタキナバル | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシア・マラッカ~ババ・ニョニャ文化に触れる旅①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

関西国際空港からエア・アジアで6時間余りでマレーシア
クアラルンプール郊外のLCC専用ターミナルのKLIA2に到着。

真新しいこのターミナルはLCC専用ながらも巨大で広大!
なんと言っても最近伸び盛りのエア・アジアの本拠地でもある!

でも細かい所を見るとやっぱりLCC専用だなあ~と思う事は多い・・・
例えば建物の造りが簡素、長いコンコースであっても動く歩道が少ない等々
こういう所もしっかりと節約して経費を抑えているんだよなあ~

で、巨大なターミナルを出て地下へ・・・
ここでマラッカ行きのタクシーチケットを購入する。
マラッカへはバスで行くか、タクシーで行くかで迷ったがバスは
時間が掛かるのとマラッカの観光地から離れたバスターミナルに
到着するので乗継が面倒・・・

という事で、高いがタクシーを利用する事にする・・・

IMG_1423.jpg

チケットはマラッカまで159リンギット(約4500円)・・・
時間と利便性を今回は優先だ・・・
帰りは安いバスにしようっと(苦笑)

タクシーを降車する時にこのチケットを渡せばOK!

IMG_1433.jpg

約2時間でマラッカのホテルに到着。
今回宿泊するホテルはマラッカチャイナタウンにあるホテル・プリだ。
「チャイナ・タウンで一番趣があるホテル」という口コミで選んだホテル。

プラナカンスタイルの家屋を改装した歴史を感じさせる
小さなホテルだ。

IMG_1432.jpg

ロビーには重厚な中国っぽい家具類が置かれババ・ニョニャ文化を
感じさせるなあ~~

ババ・ニョニャ文化とは?

中国本土から渡ってきた男性と地元マレーシア人の女性が結婚して
生まれた子孫のうち、男性が「ババ」、女性を「ニョニャ」と呼ぶ。
生活スタイルはマレー語を話し、食や衣服にマレースタイルを取り入れる
一方で、冠婚葬祭は中国古来の風習を守っている・・・

このホテルはそんなババ・ニョニャ達がこの地で財を成し、建てた家屋を
改築したものなのだ。

IMG_1427.jpg

建物は古いが客室は新しくて清潔。
壁に取り付けられたテレビが雰囲気から浮いているけど・・・

IMG_1426.jpg

ベッドのシーツもパリッとしていて心地よい。
新しいがホテルのイメージを極力壊さないデザインが良い。

IMG_1428_20150906181616465.jpg

バスタブこそないがちゃんとお湯も出る。
但し、お湯のシャワーを使用する前にボイラー?のスイッチを
ONにしておく必要がある・・・
最初、これを知らなくて全裸のままシャワーからお湯が出るのを
待っていたっけ・・・(苦笑)

IMG_1434_20150906182003d72.jpg

とりあえず夕食に出かける・・・
ホテルの周りはそんなババ・ニョニャ文化の家屋がずらりと並ぶ・・・
少し、ベトナムのホイアンに似ているかな?

IMG_5051.jpg

夕食はさっそくババ・ニョニャ料理を!という事で歩き回るも
夜20時を過ぎるとどこのレストランも閉まっている・・・
そう、ここマラッカはクアラルンプールからの日帰り観光客が多く
泊りで滞在する観光客が少ない事もあって、夜遅くまで営業する
レストランやバーは非常に少ないのだ・・・

少ない選択肢の中、飛び込んだレストランで料理選び・・・

IMG_5058.jpg

炒飯(中華風炒飯に辛いマレー風サンバルをかける)と
ローストチキンはスパイシーかつジューシー!八角風味が中華風か?

腹が減っていたので一気に食べてしまった(笑)
まあまあのお味でした・・・

関連記事

| マラッカ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・バンコクの街をブラブラと気ままに歩いてみる!②

バンコク・チャイナタウン
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

フアランポーン駅の西側はチャイナタウンが広がる。。。写真は牌楼(中華門)。
今でも満州系の華人が多く住んでいる。現王朝と華人の結びつきは深く、タイ経済は
華人抜きに語ることはできない!
現在でも政財界の実力者のほとんどが華人だ!

IMG_2049.jpg

辺りは中華風の建物が多く、ここはバンコクなのか?と
思うぐらいに雰囲気が異なる。。。

IMG_2047.jpg

シンガポールクアラルンプール、アメリカの
サンフランシスコでもチャイナタウンを訪れたが
同じように感じたものだ。。。

ほんと華人(華僑)のバイタリティは凄い
チャイナタウンのないアジアの国なんてあるのかなあ。。。
ミャンマーにもあったし。。。
そうそう、インド人街もアジアには多いですよね~!

IMG_2056.jpg

当然、中華料理店が多く、巨大なフカヒレのディスプレーに
釘付けになったり。。。

IMG_2058.jpg

これは北京ダック??おいしそうな色になってるねえ~

などと、食べなくても食のウインドウショッピングが楽しい

IMG_2055.jpg

チャイナタウンの中心を貫くメイン通り、ヤオワラート通り。。。
金行がたくさん立ち並ぶ。金は身に付ける物であり財産でもある。
預貯金するように金の売買をする人が多い

IMG_2052.jpg

ん!?

通りを眺めていたら水をぶちまけながら走る車が!!
しかも荷台には人だらけ!!

そう、ソンクラーンなのだった。。。
毎年4月13~15日はタイ正月で恒例の水掛祭りが
行われるのだった。。。

そういえば、今年ももうすぐソンクラーンだなあ~。。。

IMG_2050_20120227032523.jpg

バンコク中と言うかタイ中がこんな感じで無差別に水をぶっかける。。。
写真のような水を満載したトラックが街中を走り回っているのだ

IMG_2053.jpg

道端で大音響でタイミュージックをかけ、酒を飲み踊りながら
水掛祭りを楽しむタイのお姉ちゃん達。。。

そして、ギャ~~ッ!!という悲鳴が聞こえたので
振り返ると。。。

IMG_2054.jpg

ビルの5階から水をぶっかける人が!!
これはびっくりするよねえ~~
というか、痛いだろう!5階からだと!

僕じゃなくて良かった

関連記事

| バンコク | 00:05 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。