アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~プナカ・ゾンでブータン人の大行列を見た②

IMG_2116_2013111801435969d.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

このプナカ・ゾンブータン中の人々が集まっているのでは?と
思うぐらいの凄い人の行列をみて(その記事はこちら)、いよいよ
プナカ・ゾンの内部に入ります

この急な階段を登って行くと。。。

IMG_2118.jpg

入口では銃を肩から提げたポリス?ブータン兵士?が
セキュリティとして入る者のチェックを行っている
女性と言う事もあってチェックもにこやかな笑顔で終了。。。

そもそもゾンとは寺院と地方行政の中核としての機能を持ち、
特にこのプナカ・ゾンは全国のゾンの中でも歴史的、信仰的に
最も重要なゾンである事から警戒も厳重になるのは無理もない。

IMG_2121_201311180145284be.jpg

一歩中に入ると広々とした中庭に出る。。。

プナカ・ゾンは何度も火災や地震(ブータンは地震が多い)、水害などの
被害を受け、その度に再建されてきた

近年も1986年の火災、1994年には上流の氷河湖の決壊で
大きなダメージを受けた。。。

IMG_2122_201311180146111c4.jpg

初代国王の戴冠式や現国王の結婚式もここが舞台だったそうだ。。。

IMG_2126_20131118014920846.jpg

中庭には巨大なインドボダイジュがあり、その周りでは
僧達が忙しそうに歩き回る。。。

IMG_2127_2013111801494421d.jpg

若い僧が多いなあ~
絵になる風景だ。。。

IMG_2128.jpg

寺院は息を呑むほど美しく装飾されている

内部はカメラ撮影禁止なので公開出来ないが、内装や
壁画の見事さはブータンで一番とも言われる。

IMG_2135.jpg

そうやって中庭をガイドのペマと歩いていたら、ペマが知り合いの
家族と遭遇。外国人(日本人)がまだまだ珍しいのか一緒に写真を
撮ってほしいとの事

男性は、女性はキラという民族衣装を着ている。
このを僕も旅の後半に着てウロウロする事になるが
意外と温かくて、しかも動き易い

IMG_2136.jpg

だいぶん陽も傾き、肌寒くなってきた

ティンプーに比べて標高が1000m以上低いと言っても
プナカは標高1300m以上あるのだ。

ワンデュ・ポダンに移動してホテルにチェックインしよう~

続く。。。

関連記事
スポンサーサイト

| プナカ | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・プナカ~プナカ・ゾンでブータン人の大行列を見た①

ブータン・プナカ
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

チミ・ラカンのハイキングの後、プナカ・ゾンを目指して車は走る

プナカ・ゾンブータン全土のゾンの中でも、歴史的に
信仰的に最も重要なゾンであり、20世紀に入ってからの
大改修によって最も美しく完成された内部を誇っている。

IMG_2103_2013091601433197b.jpg

そのプナカ・ゾンであるがたった今、大規模な祭りが終了して
全国から集まったおびただしい数の人々がゾンから出てくる
ところだったのだ

IMG_2101_20130916014310249.jpg

対岸にまで伸びるブータン人の列。。。

これだけの人々が集まる祭りの内容も気になるが、
単純にこの人の多さにびっくりだ

IMG_2106_2013091601440288e.jpg

ガイドのペマ曰く、この祭りの為に何日も掛けて歩いて来る者も
いるらしい。。。

そうだろうなあ~こんなに人がいるのに停まっている車の量が
圧倒的に少ないもんなあ~~

IMG_2107.jpg

そんな行列に交じるようにペマが指示してきた
めったにない事なので一緒に写真を撮れば?と言う事らしい。。。

IMG_2109_20130916014539974.jpg

男性はみんな民族衣装のを、女性はキラを着ている

IMG_2110_20130916014612046.jpg

さらにペマが説明する。。。

この人達はブータン中のあちこちの村からやってきているので
言葉がバラバラですから、みんなコミュニケーションが取れません!

若者は英語を話すので問題ないけれど。。。

えっ!
村ごとに言葉が違うの??

峠を越える度に訛りどころか、言葉が全然違うらしいのだ。。。

IMG_2112.jpg

まだまだ続く、大行列。。。



その様子を撮影しました。どうぞ~~!

IMG_2116_20130916014729fd1.jpg

それではいよいよプナカ・ゾンの内部に入ります!

続く。。。
関連記事

| プナカ | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブータン・ティンプー~翌朝、もう少し街をウロウロしてみた

ブータンの首都ティンプー
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

室内のオイルヒーターのおかげで寒さを感じる事無く熟睡!
2500mの高地にあるティンプーだが、昨日の車酔いに
似た症状もマシになり(おそらく軽い高山病)、プナカ
移動日を元気に過ごせそうだ!

とりあえず、ティンプーでお土産をある程度購入しておく事に。
朝のティンプーの街に飛び出したのだった。。。

IMG_1975.jpg

朝からこの国一番の賑やかな所と言っても過言ではない
交差点ではお巡りさんが車を丁寧にさばいている

首都であっても、なんともノンビリした雰囲気だなあ~

IMG_1976_20130324235428.jpg

道端では野良犬?飼犬?どちらか判らないが、朝日を浴びて
ロリとおくつろぎのご様子。。。

温かそうな雰囲気が写真から伝わってくるようだけれど、実際は
5℃もないような非常に寒い朝だった

IMG_1987.jpg

本当に皆、民族衣装を着て街を歩いているのにビックリ!
男性は半数以上がを着ているのだった。。。

写真はないけれど、女性はキラと呼ばれる民族衣装を着ているんだなあ~

IMG_1985.jpg

民族衣装を着ながら携帯電話をする人を発見!
携帯電話の普及率は非常に高いようだ。。。
プリペイド方式の携帯電話だった。。。

中にはiphoneを持っている人もいたものなあ~

特に若者の間では日本と同じように携帯電話がコミュニケーションの
ツールとして活躍しているようだ。

IMG_1979.jpg

で、今回のお土産としては。。。

まずは『切手』!
ブータンは切手マニアには有名で非常に珍しい切手が多い事で
知られるようだ!

特に有名なのはCDの形をした切手で、国王夫妻の写真が
プリントされている物なのだ~

やってきたのは郵便局のある建物。
ブータン国立銀行と同じ建物内にある。

IMG_1980.jpg

はい、これが入口。
左が銀行で右が郵便局となっている。。。

IMG_1982.jpg

建物にあった看板には、『あなたのオリジナル切手はいかが?』と
ブータン美人?がアピールしているぞ
なるほどねえ~、これは上手い商売だなあ~
最近、日本にもありますよね?オリジナル切手が?
そしてもれなく国王夫妻もプリントされるようだ
観光収入獲得に国王も惜しみなく登場だ!

IMG_1983.jpg

中は朝にもかかわらず、観光客(日本人のご年配が多い)が多く
必死でお気に入りの切手を探している。。。

で、これが結構高い事が判明!

人気の国王夫妻の切手は1シート平均で6千円から高いものは
1万円以上するのだ~~!

余りに人が多いのでガイドのペマにどこか他にないの?と聞くと
なんと、向かいの土産物屋にも売っているとの事なので、そちらに
向かい、郵便局と同じ値段でCDタイプの国王切手をゲット!!

写真はまたお土産特集でもやって紹介したいなあ~

IMG_1986_20130324235744.jpg
写真は街を飛び回るハトの群れ!

切手とブータンTシャツを購入したことだし、一路プナカ
向けて出発だ~~!!

プナカに行くにはティンプーから標高3150mのドチュ・ラ峠を
越えて、標高1350mのプナカまで一気に降りて行かなければ
ならない。クネクネの山道を3時間かけて行くのだ~

今回のブータン旅行は3000m級の峠を3回越えながらいろんな街を
訪れ、最終的にその峠をもう一度越えてパロに戻るという大変にハードな
旅程だ。。。

観光客によってはそのハードな旅程と車酔い、高山病で途中リタイヤする
人もいるという。。。

しかも訪れる街の郊外の山や寺院を目指して最高で3800m(富士山以上!)の
トレッキングを毎日予定している。。。大丈夫か?俺。。。

続く。。。
関連記事

| ティンプー | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。