アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンコールワット寺院の第二回廊付近

アンコールワット寺院の第二回廊外

十字回廊から階段を登ると第二回廊の外に出る。

パッと視界が開けた瞬間、飛び込んでくるのは
真っ青な空と第三回廊の姿。。。

第二回廊

うわ~っ!美しい!

しばし僕も他の観光客同様、その辺に腰掛けて
のんびりと鑑賞タイム。

第三回廊を望む

やっぱりすごいわ!この遺跡。。。

第三回廊へ続く階段

それにしても急な階段だ!70度あるとの事。
ほとんど垂直!しかもステップ一段一段の踏み込みが
浅く足全体が乗らない。すごく危険だ!転落する人もいるらしい!

でも。。。残念なことに第三回廊へは2006年以降
閉鎖されており、この階段を登って行くことができないのだ。

横を向く珍しいデバター

仕方がないので第二回廊デバターを鑑賞する。
写真は珍しい横を向くデバター。今にも振り向きそうだ。

デバター4人衆

それぞれ表情や髪型、ポーズが異なっており飽きない。
なんでも、実在した女官達をイメージしたらしい。

デバターのアップ

そんなデバター達だが、長い年月、風雨により侵食されており
痛みが激しいのも見られる。

第三回廊には、風雨にさらされず、見事なデバターが
残っているとの事!驚異的な緻密さで彫られたデバターが
何体かあると言う。う~~~ん残念!!

製作途中のデバター

そんな緻密なデバターが残っている反面
写真のような製作途中のデバターが残っている。

考古学的には貴重な資料なのかも知れないが
こういう物を途中で放棄する古のカンボジア人の気質が
なんとも東南アジア的で、その気質が全然変わらず
今も受け継がれているようで、なんだかおもしろい(笑)

さてと!他の遺跡に行こうかな。。。



↓↓ いつもご覧頂きありがとうございます!ぽちっと! ↓↓
関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 00:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。