アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・ベナレス~早朝のガンガーをボートから眺める③

インド・早朝のベナレス
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

おお!サドゥー発見!

サドゥーとはサンスクリット語、もしくはパーリ語で、ヒンズー教におけるヨガの実践者や
放浪する修行者の総称。日本語では「行者」「苦行僧」などの訳語があてられてきた。
現在、インド全域とネパールに、400万人から500万人のサドゥーがいるという。。。
ウィキペディアより抜粋


昨日からガンガーに来る度にサドゥーを探していたんだけど、あまりいなかった。。。

ネパールカトマンズパシュパティナートにはそれはそれは色んなサドゥー
見られて楽しかったんだけどなあ~

自称サドゥーの中には、修行とか無縁の『なんちゃってサドゥー』も多くいるようで
観光客に写真を撮らせて執拗にチップを要求する輩もいるらしい

IMG_9639.jpg

そして、ボートは火葬場の近くへ。。。

おびただしい数の薪が転がり、あちこちから煙が昇っている。。。
遺体はオレンジ色の布に包まれ、ガンガーの川に浸した後に焼かれるらしい。。。

子供や妊婦、事故死した物は焼かずに水葬されるとの事

インド人にとって、このガンガーに灰を流す事は死者に対しての最大の
敬意なんだそうだ。。。

IMG_9642.jpg

ボートを降りて火葬場裏の小道へ。。。

凄い量の薪が積まれている。。。

ここでの火葬の様子を興味本位に写真に撮ったり見学すると
いろんな人が出てきて非常に面倒な事になるらしい。
そもそも火葬中のシーンを写真に収めるような趣味はないし
日本人の感覚から言ってもタブーだしね。

IMG_9643.jpg

しかし、ネパールパシュパティナートでは観光客でも
火葬の様子を見る事ができた。。。
実際に僕も間近でその一部始終を観て来たんだけど、不思議と
気持ち悪いとか不潔とか思わなかったなあ~
降りかかる灰や煙が神聖に感じられたものだ。。。

ただ思ったのは『人は必ず死ぬ!楽しまなきゃ!』って事!!

IMG_96<br />48.jpg

こんな細い裏道を歩いていくと

IMG_9645.jpg

道の脇に祠があって、こんな美しい像が並んでいたり。。。

IMG_9646.jpg

色とりどりのヒンドゥーの神々像が並んでいたりと楽しい

IMG_9647_20130617025840.jpg

で、極めつけはヘビ使いの少年!

インドと言えばヘビ使い、それもコブラと言うのが定番の
イメージなのだが、ガイド曰く、そもそもヘビ使いはインド
文化でも芸能でもないとの事だ。。。そうなのか。。。

芸を見たかったが、先を急がなければならず残念

IMG_9649.jpg

とにかく、こんな狭い裏道にも牛がたくさんいるのだが
ゴミを漁っているぞ

ビニール袋ごと食べてしまい、詰まらせて死んでしまう牛もいるらしく
本当にインド人が牛を神聖な動物と思っているのか謎に思えるぞ!

IMG_9650_20130617030018.jpg

あと、インドの道を歩くときは下を良く見て歩いたほうがいい!

あちこちに牛の『落し物』があって、踏んづけてしまう危険アリ!
僕も何度、踏みそうになったか。。。

続く。。。
関連記事
スポンサーサイト

| ベナレス | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパール・ナガルコットからチャングナラヤンまでトレッキング①

ネパール・ナガルコット
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ここ、ナガルコットで無理だと思われていた初日の出を
堪能した後、軽く朝食を食べてチャングナラヤンまでの
6時間のトレッキングに出発だ!

この辺りのホテルは写真のような林道に沿って点在している

IMG_1917_20130303225552.jpg

マイナス温度ではないが、せいぜい5℃ぐらいの気温だろうか?
吐く息が白く、手も冷たくなる。

上はヒートテックに薄いフリースの2枚重ね。
下もヒートテックに厚手の靴下、シューズはトレッキングシューズでは
なくて、普通のスニーカーだ。

後で後悔したが、やはりくるぶしを覆うしっかりとした
トレッキングシューズは用意したい!下り坂で捻挫しかけたり
足への負担が全然違うからだ。

大きな市場のような所はなくて、小さな店舗が野菜などの生鮮食料品を
販売している。。。

IMG_1916_20130303225528.jpg

日本や台湾のロータリークラブがここに学校を建てたようだ。

カトマンズ等の都会はともかく田舎ではまだまだ子供の
就学率は低く、絶対的に学校が足りない状況だ。。。

IMG_1918.jpg

さてと。。。

トレッキングのルートだが、ガイドブックにも載っているんだけど
凄く適当に書いてあって、スタート地点でさえどこか判らない

その辺の地元の人々に聞きながら、テクテク歩いて行くことにする!

で、上の写真がスタート地点のハズ?

IMG_1919.jpg

しばらく歩くと右手に雄大なヒマラヤが見えてきた!!
きれいだなあ~~~!!!

IMG_1921.jpg

ズ~~~ム!!

少し雲が掛かっているが、それでも充分にきれい!

このルートで心配だったが、すれ違った若者に聞くと
この道でもチャングナラヤンに行けるらしい。。。

ホッとする

IMG_1922_20130303225825.jpg

でも良く考えたら、こんな所で暴漢に会ったらひとたまりもないよなあ~
誰も助けてくれないよな~。。。熊とか出てきたらどうしよう。。。
いろんなネガティブな事を考えるが、良く知られたルートで、しかも
民家も多いので比較的安全だと思う。

IMG_1923_20130303225852.jpg

アップダウンはあまりなく、平坦な道をどんどん歩いていく

民家が集まっている所では、人に会うと必ず道の方向を指差して
チャングナラヤン?』って聞く事に。笑顔でイエス!と答えて
くれるのが心強かったなあ~。。。

ぽかぽかといい天気になってきたし、最高のトレッキング日和だ~~

IMG_1928.jpg

集落を通り過ぎては閑散とした小道を歩く。。。これを繰り返しながら
チャングナラヤンまで歩く。。。

草の匂いと家畜の匂い、耳に入ってくるのは鳥のさえずり。
癒されるなあ~~~

IMG_1929_20130303225942.jpg

ネパールの農村に住み人々の生活を覗きながら、癒しの
トレッキングは続きます。。。

続く。。。
関連記事

| ナガルコット | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・デリーからベナレスへ出発②

インドの上空の様子
記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ベナレス行きのスパイス・ジェットのフライトに乗り込み
眼下に広がるインドの大地を眺める。。。広いなあ~

発展著しいインドであっても主たる産業は農業なんだなあ~。。。
このインド北部は稲作よりも小麦が盛んなようだ

IMG_9307.jpg

こうやって見ていると、日本の秋頃の風景にも似ているなあ~

IMG_9311.jpg

所々、ニョキニョキっと建っている煙突はレンガ工場だ。
インドの建築資材と言えば赤レンガとコンクリート。。。

特に小規模の赤レンガの工場は至る所にあって車からも
たくさん見られた。ネパールのカトマンズ郊外でもたくさん
見たなあ~

IMG_9312.jpg

約1時間ぐらいでベナレスに到着。。。

本当の近い発音は『ヴァーラーナスィー
ベナレスバナーラスバラナシ、ベナリース。。。

いろいろ呼び方はあるけど僕はベナレスと呼ぶことにしよう

IMG_9313.jpg

なかなかに近代的な建物で驚く

それに意外?と預けた荷物もさっさと出てきて、ベリーグッド。



ベナレスの街の風景を動画でどうぞ~。。。

とにかく天気が良く、暑くて乾燥している
インドの混沌とした雰囲気に圧倒されるばかり

IMG_9316.jpg

凄い人の量。。。それに溶け込むように牛、山羊、犬。。。

IMG_9317_20120609175921.jpg

それに鳥屋さん?

ペットとしての鳥?食用の鳥?

IMG_9318_20120609175919.jpg

それに色とりどりの布を売る、サリー屋さん?
オーダーメイドで仕立ててくれるんだろうなあ~。。。

IMG_9320_20120609175914.jpg

ベナレスのとあるレストランで昼食。

ブッフェスタイル。カレー風味のインゲンと人参のソテーや
カッテージチーズ入りのカレー、スパイシーな鶏肉。。。

できるだけ腹八分目を心がける!
暴飲暴食を避けて、お腹のコンディションを整える。

こう見えても?お腹が弱いのだ

IMG_9319_20120609175917.jpg

これはマンゴー・ラッシー
甘~~い!!

でもでも、冷たくて美味しい!!

日本では毎日、飲むヨーグルトを欠かさない僕にとって
このラッシーはありがたい存在!!

ヨーグルトってほんと身体にいいですよ!皆さん!

さてと、四大仏跡のひとつ、サールナートに向けて出発!
関連記事

| ベナレス | 00:01 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。