アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖郊外にあるカックーの遺跡を訪ねて②



激しい水牛の売買の様子を見学した後、上の動画のような村々を通り過ぎながら
カックーを目指す・・・

ミャンマーの田舎の村なのだが、意外と?人家は立派で大きく
造りもしっかりしている印象を得た。

IMG_6925_201504120041147b9.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

そんな車窓の眺めを楽しんでいるとガイドさんが指差した先に
何やら無数の尖った建物が見えはじめた。

そう、カックーの遺跡に到着したようだ。

IMG_6921.jpg

車を降りて遺跡に向かって歩いていく・・・
小高い丘のような場所一面に無数の仏塔が立ち並んでいる・・・

IMG_6851.jpg

2000年9月に外国人旅行者に開放されたこの遺跡は
12世紀にアラウンスィードゥー王がこの周辺に住む
パオ族シャン族の各家庭に仏塔を寄進するように
命じたのが始まりとされている・・・

IMG_6853.jpg

で、最終的に2548基を超える仏塔群が完成した・・・
その間なんと800年間も増築が続いていたそうな・・・

遺跡であっても現在でも信仰の対象なので入り口で靴を
脱いで裸足にならなければならない・・・
が、道は小石が多くて柔な僕の足の裏にチクチクと刺さって
非常に痛い!指の間にも小石が挟まるんだよなあ~

IMG_6860.jpg

青空に白い仏塔が美しい・・・

それに仏塔の先には風鈴のような金物が吊り下げられていて
チリンチリンと心地よい音色を聞かせてくれる・・・



その音色をお聞きください~~~

IMG_6858.jpg

仏塔一つ一つに個性的な彫刻を見る事ができる。

ざっと仏塔を見渡すと古い物に交じって新しい仏塔も目にすることができる。
遺跡と言ってもバガンの遺跡群のように修理、増築が今なお続いているようで
新しい仏塔の寄進者を見るとシンガポール人や中国人の名前があったなあ~

IMG_6867.jpg

これはシンガポール人が建てた仏塔のようだ。

結局、この遺跡も世界遺産に認定される事は無いと思われる。
バガン同様、その価値があっても現代的な手法で修理、増築が
なされている以上は仕方がないだろう・・・

IMG_6857.jpg

どこかユーモア感溢れる彫刻の人物達・・・

IMG_6900.jpg

仏塔の中にご本尊?が祀られている・・・
中にはイタミが激しい物もあって、少し寂しい気持ちになる事も。

IMG_6877.jpg

遺跡群の端っこで素晴らしい眺めが見られた!
青い空と山、どこまでも続く湿原に水を飲みに来る水牛達・・・

何百年と変わっていないだろう風景に心を打たれた。

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| カックー | 00:00 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・カックー~インレー湖郊外の幻の遺跡を訪ねて①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

活気のある五日市の様子を堪能し、車はインレー湖郊外の
カックーに向けて出発!片道約2時間の道のりだ!

途中、広大なブドウ畑に遭遇・・・
興味津々に眺めているとガイドさんが降りますか?と聞くので
トイレもしたかったし、降りる事に。

IMG_6835.jpg

インレー湖周辺の気候がブドウ畑に適していると考えた外国人が
栽培し始めたらしい・・・

IMG_6831.jpg

もちろんこのブドウはワインの原料になるのだが、けっこう美味しいらしいのだ。

IMG_6832.jpg

おおっ!ちゃんと実ってる!

試飲もできるとの事だったがアルコールがダメな僕は
丁重にお断りする・・・

そう、コップ一杯のビールでも顔が真っ赤になるぐらい
アルコールには弱いのである
旅先の開放的な気分でたまに一杯ビールを飲むと
うまい!と感じるけれど、普段は全く飲まないのだ・・・

IMG_6837.jpg

ワイン畑を後にして、車はある建物の前に止まった・・・

実はカックーに入るには少数民族パオ族の組織PNO(PAO NATIONAL ORGANIZATION)で
パオ族のガイドを同行させなければならないのだ

ここで入域料としてUS3ドルも支払う。

が?問題発生!今日はパオ族のガイドがいないらしい!
うわお!カックーに行けないのか?とドキドキして待っていると
ガイドなしで行って来い!との事・・・

このいい加減さがアジアだよな~、ま、行けるからいいんだけれど

IMG_6839.jpg

もう何にもないような田舎道をひたすら車は走る・・・

と、何やら広場で大勢の人が牛を連れて集まっているぞ

またガイドさんが降りますか?と聞いてくる・・・
なかなか気の利いたガイドさんで良かった!

旅先でガイドさんを雇う時ってドキドキするもの
気が合うか合わないは基本として、気配りが出来るかどうか?で
旅の楽しさが倍増したり半減したりするものだ。

IMG_6842.jpg

中に入ってみる・・・

凄い人だ!皆、お互いの牛を眺めて真剣な顔で交渉しているぞ!

IMG_6841.jpg

そう、ここは牛を売買する所らしい。

穏やかに交渉しているなあ~と思ったら突然、怒り出したように
早口で相手を捲し立てる!激しいなあ~~

IMG_6847.jpg

そりゃそうだよな~
大事に育てた牛だし、高い買い物だからなあ~~

人を乗せ、物を運び、田んぼでは耕運機代わりになる貴重な
財産でもあるしね。

IMG_6838.jpg

車が普及しつつあると言っても田舎ではまだまだ牛が現役なのだ。

IMG_6850.jpg

もう何百年と続く光景なんだろうなあ~

IMG_6849.jpg

交渉決裂したのかな?
意気消沈気味の男たち・・・

続く・・・

関連記事

| カックー | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。