アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド・カジュラホーからアグラヘ車と鉄道と④


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

インドジャンシー駅からアグラまで鉄道に乗って行くのだが席は
しっかりとリザーブされ指定席でゆったり・・・

何かにつけて混沌としたインドでこのようにしっかりと指定席が
リザーブされる事に少々驚きを感じる

IMG_0096.jpg

この車両は満員御礼。外国人観光客は同じツアーの日本人2名のみで
あとはビジネススーツをビシッと決めたインド人ばかりだ。

急行列車ということもあるのか?僕がイメージしていた屋根まで人で
埋め尽くされるようなインドらしい?列車ではなかった。

IMG_0100.jpg

乗り込むとすぐに軽食が配られ、ちゃんとトレイが置けるテーブルまで
用意されていたのにはビックリした。
なかなか快適であるなあ~~、線路もしっかりと整備されているようで
ミャンマーやタイの鉄道にあるような横揺れや縦揺れがなく、スムーズに
加速を維持しながら鉄道は走る・・・

しっかりとした身なりの車掌がやってきて切符を確認。
車内も静かでここがインドである事を忘れてしまうくらいだ。

IMG_0097.jpg

パンにクッキー・・・
むき出しのティーパックはご愛嬌

IMG_0099.jpg

このサモサがなかなか旨かった!
アツアツではなかったがカリッとしておいしい!

毎回カレーばかりで本当はもう飽き飽きしているのだが、ほんのりとカレー風味の
サモサは意外といけるものだなあ~

IMG_0101.jpg

駅に到着するたびにホームに目をやるのだけど、ほんと人が多い!
しかも若者が多い。少子高齢化が進むいわゆる先進国と違って
このインドという国はこれから飛躍的に発展していくのだろうなあ~と
実感できるのだ。

IMG_0105_20141214232356c6f.jpg

子供も多い!

そんな経済的な発展に無関係なような、貧困にあえぐ層も多く
世界はインドの貧困問題に関して厳しい目を向けてゆくことに
なるんだろうけど、女性蔑視の風潮と合わせてなかなか根絶は
難しいのではないかとも思う・・・

カーストの根は深い・・・

IMG_0108.jpg

アグラ駅に着きガイドを見失わないように歩いていく。

IMG_0106.jpg

みんな荷物が多いなあ~~

まだまだマイカーの普及率が低く、ましてや日本のように宅配便等の
物流が未発達なインドでは鉄道での移動、輸送がポピュラー。

なので家族で移動となると荷物の量も半端なく多くなるのも頷ける。

IMG_0111_20141214232351a1f.jpg

早朝にカジュラホーを出て15時間ぐらい経っただろうか?
アグラ駅に着くともうすっかり夜になっていた。

これからホテルに向かうが、シャワーを浴びればもう寝るだけだな~~

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

| アグラ | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・カジュラホーからアグラへ車と鉄道と③

IMG_0045.jpg
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

朝にカジュラホーを車で出発し、夕刻にやっとジャンシー駅に到着。
今回のインド旅行は移動に丸一日かかる為、なかなかハードだ。

IMG_0043.jpg

さすがインド!駅にもたくさんの人・人・人!
とにかくどこでも人が多いなあ~
しかも皆、大きな荷物をたくさん持って列車に乗り込むようだ。

駅まで送りに来た車、迎えに来た車でごった返しているぞ。

IMG_0046.jpg

そんな混沌とした駅の様子を見て驚いているのも束の間。
せっせと僕らの荷物を頭に乗せて駅舎に入って行くドライバー!

おっと!見失ったら大変だ!慌てて着いていく

IMG_0049.jpg

頭に乗せたスーツケースを見失わないように人で一杯の駅舎を歩く。
エスカレータとかエレベーターとか日本のちょっとした駅には必ずあるような
設備はない。
どんなに大きな荷物を持っていようが自力でホームまで運ばなくてはならない。

IMG_0052.jpg

と言いつつ、こんなバイクはどこから運んだんだ?
駅のホームにバイクがあるなんて初めて見た!

IMG_0064.jpg

リアカーに満載の野菜?果物?
へえ~~、これを全部列車に積むんだろうなあ~~

もしかしてアグラまでこんな荷物にキツキツに囲まれて行かなければ
ならないのか??少し不安になる

そういえば前にラオスでウドムサイからパークベンまでバスで移動した事が
あったんだけど、辛かった~~!人も多いけどそれ以上に荷物が多くて
身動きが取れないまま5時間ぐらい暑いバスに乗ったっけ・・・



そんなジャンシー駅のホームの様子を撮影しました

IMG_0062.jpg

う~~ん・・・どこにでもいるなあ~~
ストリートチルドレンだろう、人が通るたびに手を差し出してるなあ~~

外国人はこの子達を見ると、キャンディーをあげたり小銭をあげたりするんだけど
インド人は日常風景のようにこの子達に目もくれずにスタスタ通り過ぎる・・・
インド社会とはこういうものなんだろうなあ~、あまりにも普通なんだろう。

IMG_0063.jpg

列車の窓は頑丈な鉄の格子がはめ込まれており、見ていてギョッとする。
外からの侵入を防ぐのと子供が落下しないようにする為かな?

IMG_0076.jpg

それにエアコンなんてないから人でキツキツになる車内では窓を全開に
する必要もあるんだろうなあ~

IMG_0080_20141006021118de2.jpg

この親子はどこへ行くのだろう・・・

IMG_0055.jpg

とにかくインド人は外国人と見ると珍しいのかじ~~っと見る人が多い
遠慮とか失礼とかという考えは全くないんだろうな。そういう教育も道徳も
受けていないのだろう、興味津々でじ~~っと見られる。

特に対象が女性の場合はひどい!至近距離でまじまじと何分でも見るのだ。
ウチの奥方などはあまりに露骨過ぎて笑ってしまうほどだ

ブロ友さんも同じ目に遭っている人がいて記事を読んでいると
その状況が良く理解できる。



さて、列車が到着したぞ!ぞ
おおっ!一応、ぞくぞくと降りてくる乗客を待ってから乗り込むんだな。

指定席のある車両なので座れなくなる事はないのだろうが、そこはインド
座るまでは気が気でない・・・

競うように荷物を荷台に乗せ、席にも座れた・・・
良かった~、荷物でキツキツの車両でなくて!

後は遅延なくアグラに着けばいいのだが・・・

続く・・・
関連記事

| アグラ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド・カジュラホーからアグラへ車と鉄道と②


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

予約投稿です!

カジュラホーからアグラまで車と鉄道で移動するのだが
ジャンシー駅までは車で移動、その道中でランチとして
立ち寄ったのが某マハラジャの邸宅だ。

残念ながら場所は忘れてしまったが・・・

さすがマハラジャ!と思わせる巨大で美しい邸宅に入って行く・・・

IMG_9985.jpg

中に入るとこれまた広々とした中庭に出る。
その中庭を囲むようにたくさんの部屋が!

家族はもちろん、使用人の部屋なんかもあるんだろうなあ~

IMG_9997_20140721233417e56.jpg

食堂に入りテーブルに着く。
ここは観光客向けのレストランとしても開放されているようで団体客も
受け入れ可能な大きなテーブルがセッティングされていた。

IMG_9992.jpg

まずはブラック・フォートと呼ばれる地ビールかな?を
コップに注ぎ、乾いた喉に一気に流し込む・・・

ゴキュ、ゴキュ・・・プハァ~~!美味い!

IMG_9995.jpg

そして次から次へと料理が運ばれてくるが、もちろんカレー・・・
こうも毎日カレーカレーだといくら好きだとは言え、正直飽きも来るなあ~~

鶏肉の入ったスパイシーな赤いカレーやグリーンカレー
噛めば噛むほど味が出る牛肉の入ったカレーだ!

これをチャパティと一緒に食べたり、細長~い米と一緒に
食べるのだが、あら不思議!美味い!飽きてきたカレーだが
美味しい!食が進んだ。

IMG_9991.jpg

食事をしながら何気なく壁を見ると、インドの神々であるヒンドゥーの
神々が判り易く説明されたポスターを発見!

いいなあ~~このポスター!判り易いし、デザインもいいなあ~~
ガイドさんにこれ売ってないのかな?なんて聞いてみるが非売品らしい・・・

このポスターを見ると仏陀はヴィシュヌ神の4番目の化身等と描かれていて
非常に興味深いぞ!ヒンドゥー教が好きな僕には堪らない!

IMG_0012.jpg

食事を済ませ、壁に掛けられた写真等を見ると、ここのマハラジャ
歴史が感じられるなあ~~

IMG_0017.jpg

ちょっとこの邸宅を探検してみる。階段を登って屋上に出る。
心地良い風が通り抜けて、清々しい気分になるなあ~~

IMG_0023.jpg

屋上から中庭を望む。中庭ではパーティーなんかが催されて
マハラジャはここからその様子を眺めて楽しんだりするのだろうか?

IMG_0018.jpg

近くの丘には廃墟になった?寺院の跡なんかが見れたり・・・

IMG_0030.jpg

通りを歩く街の人々の様子も見られる・・・

この女性のサリーキレイだなあ~~
いいなあ~~・・・しばし見惚れてしまった

IMG_0008_20140721233408d54.jpg

中庭に戻ると何やら楽器の音が聞こえる
マハラジャお抱えの吟遊詩人なのかな?



そんな彼の歌声と共に邸宅の様子を撮影しました。
ハエが飛び回っているのはご愛嬌で

IMG_0035.jpg

邸宅を去る時に、門番だろうなあ~体の大きな彼がにこやかに
そして丁寧に手を振って出発を見送ってくれた・・・

彼の一族は代々ここで門番として働いてきたのだろうか?

続く・・・
関連記事

| アグラ | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。