アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・首都ヴィエンチャンの街をウロウロと歩く①


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アメリカ人男性とラオス人女性のカップルと粘り強くドライバーと
交渉した結果、最後は笑顔で商談成立。

早速、ラオスの首都ヴィエンチャンに向けて出発!
ここから30分ぐらいで中心地にあるホテルまで行けるようだ。

一国の首都に近づいているというのに、このノンビリ加減。
道路の両サイドには広々とした田園が広がる・・・

IMG_4033.jpg

やがて車はヴィエンチャンに入って行くが大都会!という感じではなく
ちょっとした街ぐらいの規模。高層ビルもないし、信号機すらあまりない。
静かな田舎町である・・・

IMG_4034.jpg

車は先ほどのカップルを先にホテルへ届け、次に僕の順番なのだが
1ブロックしか離れていなかった。
小さな街であるため、ホテルも狭いエリアに集中しているようだ。

事前に予約しておいたホテルにチェックインして、荷物を降ろし
早速、ヴィエンチャンの街を散策だ~

やたらとカフェの看板が多い。実際に何軒か利用したが、どこのコーヒーも非常に
美味しい!お隣の国、ベトナムもコーヒーが美味しいが、かつてフランス領であった
国の共通点を見つけた。

IMG_4036.jpg

熱い日差しの中、とぼとぼ歩いていると何やら豪華なモスクのある
邸宅?を発見。なんの建物かなと見ていたら・・・

IMG_4035.jpg

あ~~、なるほど~~!ブルネイの大使館か!
豪華なモスクがあるのも頷けますなあ~~、さすが!

IMG_4041.jpg

で、そのブルネイ大使館のすぐ近くにあるのがここ!
ワット・シーサケットという寺院。1551年に建立された寺院で
19世紀には、シャムのからの独立運動を起こしたアヌ王が
この寺院に地方長官を集め、国家建設について意見交換をしたという・・・

IMG_4049.jpg

本堂には2052体の仏像が並んでいて圧巻。
ミャンマーやラオスの仏像にありがちなチカチカの電飾はなく
非常にシンプルな印象。頭上の不釣り合いなシャンデリアは
フランス領の名残か?

IMG_4044.jpg

回廊にも非常に多くの仏像が並んでおり、壁に彫られた小さな穴は
3420もあって、そこにも2体ずつ小さな仏像が安置されている。

IMG_4058.jpg

で、次にやって来たのはワット・シーサケットの道路を挟んで
向かいにあるワート・ホーパケオという寺院。

この寺院にはかつて、タイバンコクにある王宮寺院、ワット・プラケオに
安置されている至宝エメラルド仏が安置されていた寺院なのだ。
もともとあのエメラルド仏はこの寺院の物で、1828年のシャム(タイ)の
侵入により持ち去られた物なのだ。

IMG_4061.jpg

この寺院の名前、ホーパケオのパケオとはエメラルドの意味なんだそうな。
今ではタイの至宝にして、中国人観光客にも非常に人気のエメラルド仏だが
元々はラオスの秘仏であったのだ。

この寺院は1930年代に再建されたそうだ・・・

IMG_4062.jpg

バンコクにあるような金ぴかの派手な寺院はないが、ヴィエンチャンには素朴な寺院が
点在していて街歩きが楽しい!

続く・・・

関連記事
スポンサーサイト

| ヴィエンチャン | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・バンコクのワット・プラケオと王宮②


記事中の全ての画像はクリックすると拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

前回の続き。。。前の記事はこちら

ワット・プラケオの敷地内にはこんな物がっ!と言う物も多い。
例えばこのアンコールワット寺院の精巧な模型なんかはその一つで
19世紀末にクメール国の大寺院に感動したラーマ4世が造らせた物。。。

痛みの激しい本物よりも、こちらの方が美しいのでは??と
思うほどに精巧に造られている

IMG_0750.jpg

本物のアンコールワット寺院にも見られるシーサー像も
ご覧の通り、プリッとしたお尻まで忠実に再現されている!

IMG_1634_20110904015314.jpg

そして、ワット・プラケオの一番の見ものと言えば。。。
この本堂にある。。。

IMG_1651.jpg

本尊のエメラルド仏!!

この高さ66cm、幅48cmの仏像はエメラルドではなく
ヒスイで造られている。

国王の手によって、年3回、衣が取り替えられるそうだ。

IMG_1652.jpg

さらにズームイン!

この仏像は紛れもなくタイ国の宝であるのだが。。。
隣国ラオスでも重要な仏像で、そもそも200年間もの間
ラオスの首都ヴィエンチャンにある同名のワット・プラケオ
本尊とされていたらしい。。。

ラーマ1世がラオス侵攻の戦利品として持ち帰り、今日まで
タイ国家の本尊として所持し続けているとの事。

と言うことは。。。所有権はラオスに?寺院の名前も略奪した?

IMG_1644.jpg

ワット・プラケオを取り巻く回廊にはインド叙事詩の
「ラーマーヤナ」をタイ風にした「ラーマキエン」が
描かれている。写真はその修復風景。。。

なんか、アンコールワットの模型といい、エメラルド仏といい
この壁画にしても「全部タイの物だ!ワハハハ!」と言う姿勢が
感じられるなあ~。。。

ま、タイの首都バンコクにあって王宮なのだから、国の威信が
あってもいいのだが、ただただ凄いと言うしかないな~

IMG_1657.jpg

王宮内には歴代国王が住んだボロマビアン宮殿がある。
この一般には非公開の宮殿は鉄柵で仕切られていて。。。

IMG_1658_20110904015427.jpg

衛兵がその入口を警備している。

衛兵はこの場所だけでなく、王宮内の要所要所に立っているのだが、
恥ずかしいことに、この衛兵を見つけるや否や傍に駆け寄って写真を
撮りに行く中国人観光客の姿が。。。

衛兵も困った顔をしながら仕方なく写真に収まっているようだ。。。
ひどいのは肩を組んで写真を撮ろうとする輩も!!
まったく。。。

IMG_1659.jpg

中国と言えば、こんな像まで立っている。。。
何か重要な建物らしい入口に立っているのだが
まるでパイレーツオブカリビアンに出てきた化け物のような
髭が気になった(笑)

IMG_0762.jpg

これがまさに王宮なのだが、現在の国王ラーマ9世
チットラダー宮殿に住んでいるので、この王宮は現在の所
迎賓館や祭典の場として利用されているそうだ。。。

バンコクの観光の目玉である、ワット・プラケオ王宮。。。
これはこれで、見ごたえがあるものだなあ~~。。。


関連記事

| バンコク | 00:05 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。