アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ・バンコクの街をブラブラと気ままに歩いてみる!④

タイ・バンコク~ウィマンメーク宮殿
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ワット・プラケオを観光すると、ウィマンメーク宮殿
チケットも付いてきたので早速、訪れてみた。。。

意外とワット・プラケオは行ってもウィマンメークまで
足を伸ばす人は少ない様子。

写真は王室のセレモニーに関する写真を展示する
スアン・ホン・レジデンシャル・ホール

この建物やウィマンメーク宮殿アナンタ・サマーコム宮殿
点在するこの庭園は旧ドゥシット庭園と呼ばれている。。。

このホールの中に入ったけれど写真撮影は不可!!
王室の貴重な写真で一杯だった

IMG_1789_20121021212225.jpg

王族が利用する、馬車や輿の展示もしてある。。。

そう、この敷地内も王宮やワット・プラケオ同様に
ちゃんとした服装でないと入れないないのだ!

IMG_1790_20121021212224.jpg

肌や体の線を露出するような服装、ノースリーブやタンクトップ
短パンやミニスカートでの入場は不可なのだ!

IMG_1791.jpg

不適切な服装の人は服装検査室に誘導されてズボンや
上着を貸し出される。。。

無料なのだが、デポジットとしてクレジットカードや
パスポート等を預ける必要があるのだ

バンコクをウロウロする時はカジュアル過ぎる服装は
何かと面倒だ。。。ホテルのレストランでもドレスコードが
厳しい所も多いし。。。

なので、最近バンコクだけの滞在の場合は短パンや
サンダルで過ごさず、襟付きのシャツにベルトをした
パンツ、紐付きの靴で過ごす。

IMG_1795_20121021212458.jpg

で、この庭園の目玉はウィマンメーク宮殿なのだが。。。

もう、観光客で一杯!!特に中国人観光客が多く、並ばない
大きな声で騒ぐ、ゴミを放り散らかす。。。大国になっても
マナーはまだまだです

ただでさえ警備が厳しく、手荷物は全てロッカーへ、
そして入場制限もあるので中に入るまでにクタクタに
なってしまった

IMG_1796.jpg

ウィマンメークとは『雲の上』という意味。
この宮殿はなんと!総チーク材造り!!

これだけ大きな総チーク造りの建物は世界的にも珍しいとの事!

IMG_1794_20121021212223.jpg

しかもドアなど建て付け部を除いて釘を一切使っていない!

各部屋には世界中から寄せられた食器や調度品で満たされており
さながら美術館のような感じ。。。

日本の天皇家とは長年に渡って親交が深く、写真等展示品が多い。

IMG_1793_20121021212222.jpg

残念なのはカメラの持込が厳禁なこと

なので、ここに掲載されている写真は全て外から撮ったもの。。。
ガイドブックにも書いてあるけどさながら『王室テーマパーク』だ!

日本の天皇家同様、タイの王族も国民に人気があり、
その浸透度で言えばタイの方が上かも?
それもそのはずで、露出度が圧倒的に高いのも理由だなあ~
TVでは頻繁に登場するし、街中にはロイヤルファミリーの
肖像画が溢れているし、決まった場所、時間での国家斉唱。。。
映画館や駅、ボクシングスタジアムでも起立して国家を歌う。。。

IMG_1797_20121021212457.jpg

上はアナンタ・サマーコム宮殿

ラーマ5世がこのドゥシット庭園を造成する際に新築した
迎賓館と国家儀式執行用の宮殿だ!

とてもタイにいるように思えないデザインが印象的

IMG_1798_20121021212457.jpg

中に入場できるけど、やっぱりここも撮影禁止

豪華絢爛。。。国王在位~記念と銘打った芸術的な調度品の
数々が展示されており、ここもさながら美術館のよう。。。

タイ王室の威厳に触れた一日だったなあ~~。。。

近くに動物園があるのか~。。。行ってみよう!

バンコクのブラブラ街歩きは続きます。。。
関連記事
スポンサーサイト

| バンコク | 00:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。