アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミャンマー・インレー湖~インター族の漁を見ながら湖上のホテルへ


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

さて!この運河からインレー湖に入り、湖上にあるインレー・リゾート&スパという
ホテルに向かう事にする。

西日が運河の水面に反射してギラギラ輝いている・・・

IMG_7000.jpg

ブルブルブルッ!軽快なエンジン音と共にやってきたのは小型の木製ボート・・・

エンジンはラオスやカンボジアでも見た事のある、車用エンジンにシャフトを強引に
取り付け、スクリューを回すアレだった。ミャンマーでも普及している様子。

IMG_7004.jpg

出発する前にガイドさんが写真のような米菓子をくれた。
パリッとした歯応えが楽しい。味は甘くも塩っぽくもなく
まさにお米の味だ。

明らかに米ではない不純物がくっ付いているのは見なかった事に・・・(苦笑)



ボートはゆっくりと運河を進んでいく。
網の目のような運河に人々の生活が垣間見れる。

仏塔が見え、橋の上には自転車やバイク、歩行者の姿も・・・

IMG_7010.jpg

視界が大きく広がったと思ったら「ウエルカム・トゥ・インレー・レイク」の看板が・・・
ここからインレー湖かぁ~。ワクワクするなぁ~。

インレー湖に入った途端に少し肌寒い。
風もきつく、少し波もある・・・

湖が標高900mにあるため、夏でも涼しい。
訪れた時は乾季だったが朝は非常に寒くて
薄手のダウンジャケットを持って行って正解だった!

インレー湖は南北に22キロ。東西に12キロの細長い湖で
水深が雨期でも6mと浅い。乾季になれば湖は小さくなり
水深も2mぐらいになってしまう。

IMG_7015.jpg

ふと見ると巨大な藻の塊のようなものが浮いているが
良く見るとトマトの水耕栽培をしているのだった。

中には島のように巨大な栽培場もあって、収穫し易いように
ボートが通れるぐらいの小さな小道(水道)を設けている。

へえ~~凄いなあ!市場で見たトマトはこうやって作られるのか~

IMG_7011.jpg

水耕栽培の規模に驚いていると、沖の方に小型の船が
密集し、網を使って漁をしているようだ・・・



彼らはインター族。船の先端に片足で立ち、もう片方の足で
器用に櫂を操り船を移動させている。なるほど両手が使えるので
効率的という事か!珍しいな~

IMG_7013_20150629001229e0f.jpg

こうやって獲れた魚が市場に並ぶのだなあ~

IMG_7009.jpg

インター族の水上村があちこちに点在していた。
水上が道路であり船が唯一の移動手段なのだ。

IMG_7017.jpg

見るものがどれも珍しくて新鮮!
夢中で写真を撮りまくっている間に船はホテルに近づいたようだ。



今までいろんなホテルに宿泊してきたが、こんな風にエントランスを
ボートで向かうなんて初めての経験だ。非常に楽しい!

IMG_7022.jpg

ホテルのロビー棟に到着すると女性スタッフが可愛い笑顔で
迎えてくれる・・・

運河からホテルまで、この1時間あまりの経験は今でも強烈な
思い出として焼き付いている。ほんとここは別世界のようだ。


関連記事
スポンサーサイト

| インレー湖 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。