アジア旅行好きのおっさんブログ・レポート

タイ・ミャンマー・ベトナム・ラオス等のアジア旅行の思い出をブログでレポートします!。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡群~タ・ネイ~


記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

最初にアンコールワットの遺跡群を見て帰国後、すっかりと遺跡の魅力に
はまってしまい、数冊の遺跡関係の分厚い本を購入して毎晩ワクワクしながら
読んでいたのだが、その中にタ・ネイと呼ばれる遺跡を知り、タ・ケウの近くに
あるこじんまりとした遺跡だが、あまり観光客にも知られておらず、今なお
ジャングルにひっそりと佇んでいるらしいではないかっ!
しかも日本のチームが修復に携わっているらしい・・・これは行かなければと
二回目の遺跡めぐり!タ・ケウを観光後、トゥクトゥクのドライバーと探しまくるも
なかなか見つけられず・・・そう、ドライバーも今まで聞いた事も行った事もないという・・・

写真はタ・ネイと思ってた遺跡が違う事が判明し、ドライバーが戻ってきた様子。

IMG_6762.jpg

舗装もされていない所々に深い水溜りのある小道を発見!
トゥクトゥクで進も途中でその水溜りが深くなりはじめ、トゥクトゥクが
スタックしたら大変なので歩いて進むことに・・・

もう、みんな意地になってきており、必ず見つけてやる!という
一心で歩き続けた・・・

20分ぐらい歩いた所で、ようやく遺跡に到達!
歩いて15分ぐらいの時には本当にこの先にあるのか?という
思いもよぎったが、歩き続けて正解だった・・・

IMG_6761.jpg

看板を見て安心したタ・ネイと書いてある!
日の丸の国旗がこの遺跡を修復しているのが日本である事を示している。

IMG_6768_20150411221556c76.jpg

では、早速中に入ってみる・・・

石材が散乱し、怪我をしないように注意深く中に進んで行かなければならない・・・

IMG_6774.jpg

御覧の通り、足の踏み場も無いほど石材が散らばっている・・・
ほとんど修復も進んでおらず、なるほど今もジャングルに佇む遺跡だ!
発見当時とあまり大差のない状況なんだろうと思う。

IMG_6776.jpg

最低限、崩落の恐れがある箇所だけを修復したという感じだ・・・
これだけそこそこの規模の遺跡なのにガイドブックに載っていないのは
アクセスしにくく、なんと言っても修復が完全でないので怪我の恐れが
あるからだろうなあ~

散らばる石材に登ったり、降りたり飛んで渡ったり・・・なかなかの冒険だ。

IMG_6779_20150411222217de1.jpg

ついこの間まで幻の遺跡と言われたシェムリアップ郊外のベンメリア遺跡も
きちんとした整備がされずに、このタ・ネイのように怪我を覚悟で観光をしたらしい。

ある意味、今ではタ・ネイの方が幻の遺跡にふさわしいかも?
観光客も全くおらず、僕らだけで遺跡を堪能・・・

耳を澄ませばシーンとしており、夢の中で遺跡を訪れているようだ・・・

IMG_6775.jpg

崩壊が進む建物・・・
でも、その様子が美しいと感じる僕は一体?

廃墟マニアっているけど、僕はその部類に入るのかも知れないな~~

テレビで見た長崎の有名な軍艦島の廃墟群を見ていいなあ~って
思ったし・・・

カンボジア以外に散らばるアンコールの遺跡も制覇したいと
ラオスにも行くし・・・

IMG_6769.jpg

この遺跡にもスポアンの巨大なヘビのような根が遺跡を
踏み付けている。

数年もすればさらに巨大な木になって遺跡をじわじわと崩壊させるのだろう・・・

IMG_6763_20150411221603eb4.jpg

ひっそりと魅力的なデバターがこっちを向いていた・・・

IMG_6786_201504112223429c1.jpg

このデバターは多くの人々に見られる事もなく、このまま静かに
崩壊してしまうのだろうか・・・

静かに誰にも邪魔されずにアンコール遺跡の「廃墟美」を楽しむなら
この遺跡は一番おススメです!

関連記事
スポンサーサイト

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・アンコールワット遺跡~ロリュオス遺跡群・プリア・コーとバコン

カンボジア・アンコールワット遺跡
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

アンコール遺跡プリア・コー。。。
この遺跡はアンコール遺跡中で、最古の寺院で創建は879年!
ということは、日本の平安京が出来る前なので相当古い!!

やはり、材質が石なので保存状態が良好なんだろうな~
日本でこの時代の建築物が残っている例はほとんど無いに違いない。

IMG_0432.jpg

カーラが目立つこのレリーフもあまり風化せず状態が良好だ

IMG_0433.jpg

修復された金剛力士像。

日本の金剛力士像よりも表情が柔和で違う印象を受ける。

遺跡に訪れる人も少なく、ゆっくりと過ごしたい人には
打ってつけの遺跡だろう。。。

IMG_0436.jpg

プリア・コーは『聖なる牛』という意味で、この寺院に祀られた
聖牛ナンディンに由来する。ナンディンはシヴァ神の乗り物。

ちなみにヴィシュヌ神の乗り物は怪鳥ガルーダ
サラスヴァティの乗り物は白鳥

ヒンドゥーの神々はいろんな乗り物に乗って登場するのだ

IMG_0443.jpg

堀を横に見ながら歩くと。。。

IMG_0442.jpg

ロリュオス遺跡群の中で最も規模の大きな遺跡、バコンに到着する。

IMG_0470.jpg

東西約900m、南北約700mのピラミッド式寺院だ。

IMG_0464.jpg

破風の四角い隙間から頂上に建つ中央祠堂が、まるで
『額縁にはめ込まれた絵』のように見える撮影ポイントで。。。

IMG_0452_20130922230435939.jpg

ピラミッド状の遺跡をどんどん登っていく。。。

IMG_0461.jpg

なんて事のない景色だが、この寺院にも新しい寺院が
併設され、修行僧の姿を見る事ができた。。。

遺跡であっても人々に忘れ去られる事なく、現役の寺院として
今でも人々の信仰の対象なのである。。。

かのアンコール・ワット寺院も発見時は相当センセーショナルに
密林に眠る巨大遺跡!のように紹介されたが、実は現地の人々には
眠る遺跡ではなく、ず~~っと信仰されていたようだ。。。

関連記事

| アンコールワット遺跡群 | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラオス・チャムパーサック~アンコール遺跡のワット・プーを訪ねて④

ラオス・チャムパーサックのワット・プー寺院
記事中の全ての画像はクリックすると超拡大します。マウスポインターの+-で調整してね!

ようやく山頂のワット・プー本殿にたどり着く。。。
本殿は山麓の南北の宮殿に比べて驚くほど小さい!

タイ人観光客が記念撮影をしているなあ~~
けっこうタイ人のラオス観光は盛んなようだ。

IMG_2897.jpg

入口にはカンボジアアンコール遺跡と同じように
細部まで丁寧に刻み込まれた美しいデバターがあり
デバターフェチの僕はとても癒されるのだ

IMG_2899.jpg

この髪を絞る女性のモチーフは定番だなあ~

IMG_2902.jpg

素晴らしいヒンドゥーの神々があちこちに。。。

IMG_2906.jpg

本殿全体は12世紀頃のアンコール様式で、この4体の仏像は
チャムパーサック王朝時代に奉納されたものらしい。。。

今でも現役の仏像様で、線香の香りが充満した中央部では
たくさんの人々が祈りを捧げていた

IMG_2910.jpg

しかし、ユニークな表情をした仏様だなあ~



本殿周辺の様子を撮影しました~~
ご覧下さい!

IMG_2916.jpg

本殿を出て裏に行くと聖泉が沸く大きな岩がある

IMG_2920.jpg

沸くと言うより、したたり落ちてくるんだけどそれを
みんなペットボトルに集めて持ち帰るようだ。

IMG_2918.jpg

そしてここでも祈りは絶えないのであった。。。

さて、下山してシーパンドーンに向けて出発しよう!


関連記事

| チャムパーサック | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。